メジャーどころを3本

SG-1000のゲームで目玉だけ紹介するとすぐ終わってしまうので、1万5千はらったユーザーが見捨てなかったレベルのゲームを3本・・・こんな表現になるほどゲーム層が薄かった・・・

てか、ひとつひとつのゲームの紹介があっという間に終わってしまう
いちおうファミコンでも出てるゲームを選んでみました


まず超有名なブローダーバンド社のチョップリフター


画像


タイトル画面


そして
画像


プレイ画面

内容は有名なのですが、ヘリコプターで救助して基地に戻るというだけです
バンゲリングベイ シリーズの1作ですが、どんな順番かわかんない・・・
バンゲリングベイ出てないし
バンゲリング帝国の捕虜になった人を救出するという設定です




というわけでバンゲリングシリーズからもう1本
ロードランナー


タイトル画面
シンプルですな~ 
画像



プレイ画面が
画像

こんなんですが・・・
なんかかなり難しい
1面クリアも大変です・・・(元のPC版知らないんだけど)
こちらの設定は、バンゲリング帝国の金塊を奪取するって物なんだけど・・・たしかにファミコン版は金塊みたいになってた
なんで樽なんだろう
余談だがチャンピオンシップロードランナーも出ているらしい(見たことないけど、ディスクで追加ステージとか出てたらしい。作ったと誰かがインタビューで答えてた。)


バンゲリングシリーズ三部作の最後の一本は、皆さんご存じ『ボンバーマン』でボンバーマンのエンディングでロードランナーの姿になるのは有名です
動画

というのは嘘で(有名ですが)
本当の最後の一本は『バンゲリングベイ』です
やったことあるけど面白さがさっぱりわからんかったんだが・・・



そいでブローダーバンドと関係ないが可もなく不可もなくの1本
ボンジャック

画像


タイトル画面は頑張ってる

画像


スフィンクスも良く描けてます
SG-1000の時代ではとても綺麗なグラフィック
今の時代的にはたいしたことないですが、当時なら充分面白いと言えたでしょう
ファミコンのマイティボンジャックはやったことないんですが、あっちはスクロールしてたんじゃないかと思います



・・・つまらないゲームばかりじゃなかったんだよ
ということでw

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

謙三
2013年07月15日 18:31
ロードランナーははまったなあ。
チャンピオンシップはどうやっても5、6面でギブアップだったけど、こっちは殆ど考えなくても先に進めた。
ボンジャックもそんなに難しくはなかったけど、ラウンドセレクトのウラワザもあった。

この記事へのトラックバック