PITFALL Ⅱ

ATARI2600の大ヒット昨
スーパーマリオブラザーズに抜かれるまで「世界で一番売れたアクションゲーム」となっていたのが
アクティビジョン社の「ピットフォール
ファミコンでは「スーパーピットフォール」として、アレンジ移植されました

そしてSG-1000では第2作の『ピットフォール2』です
(こちらはアーケードでも発売されました)


画像


ごく普通のタイトル画面です
2人プレイは交互プレイ


画像


ファミコン版ではヒゲのおっさんでした


画像


ロープで向こう側に渡ったりとアクションがあります

画像


地下ダンジョンが・・・・
そういうゲームです


画像


誰が転がしてるのか知りませんが、スケルトン仕様の丸太が襲ってくる


画像


ちょっと水に触れただけでサヨウナラ


画像


蛙も1ミスになります
毒持ったりしてるやつもいるし


古き良きゲームという感じです
さすがに今やると古くさいですが・・・
新作はプレイステーションでも出たりしてました

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

コメント
2014年03月30日 15:11
MSXにもあったけど、キャラもサウンドも全然違ってた。
セガ版は最後にスタート場所の下にある水晶取ってクリアしても、「Congratulations!」と表示されるだけであとは「GAMEOVER」と表示されるだけだった。
これ以外にも当時のマイカードは永久パターンのゲームを除いて、説明書にクリア時の画面が載ってるのが殆どだった。
2014年03月30日 16:12
難易度に理不尽さが無いのですが、先の長そうなゲームです
クリアした人はちゃんといて、HPで全MAPを公開した人がいました
エミュレータだとStateSAVEができるので、便利な世の中になりました
昔ドラクエ2で復活の呪文の成功率が凄く低い友人がいて、電源付けっぱなしにしてたことを思い出しました

この記事へのトラックバック