STAR JACKER

セガ初期のシューティングゲーム
スタージャッカー


アーケードゲームで使われた基盤はシステム1と名付けられましたが、呼ばれ方は「ジャッカーボード」
店舗側で次のゲームロムを購入すると載せ替えができるという物でした
そして・・・・余った部品はマーク3の基盤へ



画像


さすがにアーケード版と違ってタイトル画面が寂しい


画像


今となってはアーケード版を見ることが難しいが・・・・母艦の大きさが・・・・



画像


え~とですねぇ
敵キャラが黒い部分を突き抜けてくるので、黒い部分にも入れるように思えますが・・・


画像


壁に当たると1ミスです


画像


敵の攻撃はよけられるけど「壁に当たる


画像


最後の1機で寂しく飛行


SG-1000なのに高速なスクロールです
(やっぱりカクカクするけど)
スクロールが速いので地上攻撃が当てにくいです
地上の敵は無視して行きましょう
それでも1機ずつの方が良かったかな

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

コメント
2014年05月22日 23:53
初期のと後期ではパッケージだけでなく、タイトル画面も違うんだよね。自分が持ってるのは後期のやつだからこれとは違ってロゴが大きいやつ。
タイトルの音楽もすげえな~って当時は感じた。
結構遊べるけど、途中で1UPしてもステージクリアしないと追加されないのが後々つらくなる。
2014年05月23日 10:54
そんな違いがあったんですか
買う時は箱説明書無しでソフトのみをワゴンからつまみ出す・・・
バグフィックスくらいならいいけどそれだけ違うと探したくなる

この記事へのトラックバック