BURAI 八玉の勇士伝説

飯島健男がプロデュースしたRPG
リバーヒルソフト

BURAI 八玉の勇士伝説


PC版の発売当初は異常に豪華なメンバーが参加していたことで有名なソフトです
キャラクターデザインに当時『聖闘士星矢』のアニメ版キャラクターデザインをしていた荒木伸吾・姫野美智コンビ
音楽に上巻ではロックバンドのSHOW-YA、下巻では今給黎博美さん
が参加しています

いったいどこからこんなお金を持ってきたのでしょうか・・・・
飯島さんはプロデューサーとしては数々の名作を作り出した敏腕です


画像



画像


アニメーションが入って、タイトル画面へ
ナレーションも当然入ってます


内容的にはPCエンジン版の移植なのですが・・・セガが移植


画像


再びオープニングのアニメーション


画像


画像


こいつが主人公のような気がするだろ


画像


しかし1章はこいつらが主人公


画像


選ばれた戦士だけあって、最初からやたら強い


画像


フィールドが・・・・FCレベル
PC版もこんなもんさ・・・


画像


しかし、メガドライブ末期にこのレベルで出されても当然売れなかった


画像


テキストに漢字が使われたりと、遊びやすくなってるんですけどね


画像


序盤は思いっきり楽勝な戦闘


画像


遊びやすく作られてはいますが・・・・


このゲーム・・・・
メガCDでは上巻だけで下巻が作られていません
シナリオを最後まで遊びたい人は、PCエンジン版か、プロジェクトEGGで遊びましょう
読者レビューでも悪くない点数だったのですが、売り上げには全く結果が出ていませんでした
そして、私がこれを買ったのもハードオフのジャンクコーナーで50円

シナリオは高く評価されてますし、パソコンでも売れていた
にも関わらずメガCDでは売れなかった
ちなみに私は、キャラデザが好みでは無かったためにPC版でも興味なし
同じような人が多かったのだろうか・・・・
(私の他に、友人も「キャラの目つきが好みじゃない」と言ってたのが2人)


ブライ 八玉の勇士伝説 MCD 【メガドライブ】
セガ
1992-09-11

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブライ 八玉の勇士伝説 MCD 【メガドライブ】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

shami
2014年11月16日 16:58
抜忍伝説、ラストハルマゲドン、BURAI、今はともかく、この頃の飯島さんは本当に凄かった!
当時、雑誌での宣伝や話題作りもうまくて、紹介記事やインタビューを読んでるとすごく面白そうに思えて、欲しくなりました。
パソゲー界の秋元康ってイメージです。
2014年11月16日 18:54
飯島さんに関しては、当時は良くわからなかったんですが、「プロデューサー業の人」ですね
会社の経営に関しては、「やりたいことを追求してしまうので予算で揉める」と

現在は同人市場で活動をしてるそうですが、「アパシー」シリーズはかなりヒットしてるそうです
(流通に乗せるより儲かってるのかも)

この記事へのトラックバック