SDガンダム G GENERATION GATHERBEAT

バンダイの代表作「機動戦士ガンダム」
ヒューマンが作った「ガシャポン戦記」から始まり今でも続いていますが、ワンダースワンのシリーズが


SDガンダム G ジェネレーション ギャザービート


「Gジェネレーション」シリーズを作ってる会社は「トムクリエイト」と「ヴァンガード」の2社ありますが、現在はヴァンガード社の作品は発売されていません
(2008年のDS用ソフトがコンシューマー用の最後です)

画像


「エモーショナルジャム」の仕様が一部流用されています
(エモーショナルジャムはトムクリエイトの製作ですが)


画像


画像


画像


画像


画像


一年戦争を舞台として、各ガンダムシリーズがクロスオーバーしていく内容です


画像


エモーショナルジャムのように、ずれたスクウェアのMAPです


画像


スーパーロボット大戦の精神コマンドみたいなコマンドがあります
これは命中率アップですが、キャラによってはHP回復も


画像


画像


1部隊3体までのスタックができます
攻撃回数などの面で有利に


画像


ガンタンクやガンキャノンのように、間接攻撃ができるユニットがあると、敵のスタックを解散させることができます
(確率仕様なのでできない時もありますが)
このゲームでは射撃武器でも隣接しないと攻撃できないので、間接攻撃が重要になります


画像


最初のうちは普通にクリアできますが、だんだん高難易度になっていきます


画像


下に移っているのはミライさんではなく「マーカー・クラン」
ガンダム中でも担当声優が多いので有名なキャラです
ホワイトベースのブリッジで「オスカ」と共に索敵担当をこなしているキャラです
ちなみに、「オスカ・ダブリン」は有名なセリフ『通常の三倍のスピードです』があります


しっかり作ってある良作ですが、シナリオが一年戦争なので、登場しないユニットも結構あります
(設定上性能差がありすぎるからなどの理由もあると思いますが)
そういったキャラは作品ごと外せば良かったと思うのですが、ユーザーは出てきて欲しいと思うのでジレンマですね













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック