神凰拳

ザウルスのプリレンダリングで画像を作った格闘ゲーム
ポリゴンのよ~な画像から、「ネオジオでもポリゴンのゲームが作れるんだ」と思った人もいたことでしょう
PC-8801でもPC-9801でもポリゴンのゲームは作れます
「シルフィード」等が有名ですね


神凰拳


神話に出てくる神々がモデルの格闘ゲーム
女神転生では全て「悪魔」となります


画像


属性を切り替えると使える技が変わるのですが、どうせ出ないからあまり関係はありません


画像


画像


画像


凄く手間の掛かることをしてるのがわかるのですが、見事に逆の結果になってます
まだ下の画像でキャラクター作った方が良かったのに


画像


「カンピオーネ」というラノベがあったのですが・・・「アニメ化」とか帯に書いてあって、数冊読んでみました
「作者は馬鹿か!」「担当もチェックしてないのか!」
というくらい酷い内容でした
主人公の行動の理屈が全くわからず、かといって頭のイカレたキャラで設定してるわけでもなく
理性的に行動してるように思わせてる分だけ理解不能


画像


読んでて気持ち悪くなってくるラノベは他に読んだこともありますが、MF文庫の「文章が稚拙」という物でも無いため
作者の正気を疑う気持ち悪さでした


画像


内容は「破壊神」を鎮めるという物で、倒せば力を主人公達に遺して消えていくという設定でした
主人公は、「神の力が大きすぎて、使いこなせないから使いたくない」「暴れる気が無いなら無理に殺す必要はない」と主張しているタイプですが、実際は口でそういいながら積極的に神を殺しに行く人
で、斉天大聖は年寄り設定なので「暴れることはもう飽きた」「穏やかに日々を暮らしたい」と言っており、主人公は「暴れないのなら仲良くやって行けそうだ。これからもよろしく頼む」と友達になったのですが
主人公のライバルキャラがその様子を見て「こいつ弱ってるから無理矢理暴走させて、倒して力奪う」と無理矢理暴走させます
主人公はそれを見て「姐さん、自分を舎弟にしてください」と義兄弟の弟分に進んでなるという・・・・
ついさっき「仲良くなれる」と言っていたのは別人だったのかとページを戻りましたが、やはり主人公でした
他にも日常的にこんな状態
作者の考え方が理解できない・・・・


というわけで「神凰拳」ですが、とにかく技が出ません
左下に属性の表示が出てますし、何度も繰り返してるとたまに出ることもあるので、プログラム的な問題でしょう
龍虎の拳外伝でも、3D格闘の要素を入れたりしていましたが、逆効果にしかなってません
当時のグラフィックで魅力あるキャラクターはやっぱり難しいでしょうし、神凰拳でもイラストと違いすぎてます
せっかく手間の掛かることをしてるのにもったいない






神凰拳 NG 【NEOGEO】
ザウルス
1996-07-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 神凰拳 NG 【NEOGEO】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

幻庵
2016年12月27日 22:52
このゲームは、ネオジオCDでは確かに技が出ないと思います

僕は、SSでボタンコンフィグで頑張りまして何人かクリアしましたよ

面白かったかというと、そこまで極めてないですけど、ザウルスは好きなメーカーです

ボタン同時押しが、重要ですからNGCDには向いては、ないですね
2016年12月29日 12:03
記事の内容が全然関係無くてすみません
ぶっちゃけ・・・面白くなかった
爽快感が無いんですかね
必殺技が上手く決まると「かっこいい」「気持ちいい」というのがあるのですが、このゲームは技が出ないから感じることができないんですね
内容が薄すぎたので別の話で
2017年06月17日 00:08
このゲームはSFCの神凰拳の発展型だから普通の格ゲーのわけがありませんよ。
特殊ガードからメチャクチャなコンボをいれたりして楽しむゲームなので向き不向きがはっきり分かれるタイプのゲームです。
2017年06月17日 12:26
SFC版があったのですか
全然知りませんでした
「技が出ねぇ~」と言ってガチャガチャやってただけなので、コンボのことは試してなかったですね
2017年06月17日 14:20
SFC版は
バトルマスターズ 究極の戦士たち
でした。タイプミスです。すみません。
後にヒロインキャラの乱丸だけが有名になったゲームです。

この記事へのトラックバック