Ms.Pac-man (LYNX)

ナムコミュージアムにも入ってる「パックマン」の続編


Ms.Pac-man


ミッドウェイが作った(というのかライセンスしたというのか・・・)ミズ パックマンですが、当然の如く権利はナムコのもの
なので、資本関係のあったアタリゲームズのハードでも発売されます
(他にアルゴスの戦士とかテクモのゲームも出てるんですけど)


海外のメガドライブで発売された「ミズ パックマン」の紹介はこちら


画像


画像


何故タイトル画面が二つあるのかを誰か教えてください
タイトル画面でボタンを押したらもっかいタイトル画面が出てきて、もう一度ボタンを押さなきゃならない


画像


内容はアーケード版準拠
海外メガドライブ版では「ブースト」が使えましたが、あれはメガドライブ版オリジナルの要素
アーケード版は、パックマンの迷路を変えたのと、フルーツが動き回ること
あとは主人公の変更だけ


画像


画像


他に書くことねぇよ!!


いや~書くこと無いよな~
パックマンとしての面白さはあるけど・・・・両方入れれば良かったじゃん
あの当時はこれでボリューム不足ということは無かったんだけど(ゲームボーイと同じ時期)
あの液晶では厳しかったですね
日本人でわかる内容のゲームが限られてて、洋ゲーがあまり受け入れられてない時代でした



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック