PC-9801

私が最初に買ったパソコンはMSX2+でした
ただ、単純に時代が終わってしまっていたので中古で20000円ジャストでした
それなりに情報は持っていましたが、
「MSX2のゲームってフロッピーでしょ?ドライブ付いてる?」(MSX2の末期はディスクの物が大半でした)
「2+は付いてるのが標準」
などというやりとりも購入前にしていましたね

しかしながら・・・・ワープロはROMに入ってるのですが、プリンターってどこで売ってんのよ・・・・
(→家電量販店よりPCゲームショップの方が手に入りやすかったでしょうね・・・当時はドライバとか理解してませんでした)
というわけで、大学のレポートに使えないのでPC-9801BA3を購入してます

NECの、国民機とまで言われるほど普及したパソコン
PC-9801


本体にディスプレイとプリンターまで揃えると100万越え
まだPC-8801が売っていた頃はそんな印象でしたが、BA3の頃には本体価格は10万円台です





98の発売前にはPC-8001やPC-6001が発売されていました
ぶっちゃけ両方ともZ80A互換のCPUだったのですが、6001はホビー用で、8001が汎用です
8001の後継としてつくられたのが8801で、こちらも大ヒットしたPCでしたが・・・・
8001と8801を開発したのは「電子デバイス事業グループ」で、9801を開発したのは「情報処理事業グループ」という別のグループです
シャープのMZシリーズとXシリーズの関係と同様に、部署同士の競争がありました
シャープと違ったのはある程度の協力関係があって、9801のベーシックが「N88-BASIC」と98ではなく88と言う名になってます
これはベーシックプログラムの「互換性がある」という意味で、実際に高い互換性がありました

一方で88の「電子デバイス事業グループ」はPC100」という88と互換性のないPCを、アスキーや京セラ等と協力して開発していましたが、複数社での開発体制は難航発売は遅れに遅れていました

結果的に先に発売されることになったPC-9801ですが、リバースエンジニアリングによる高い互換性の為、「N88-BASIC」がマイクロソフトによる「N-BASIC」のソース盗用と難癖を付けられたりした結果、MS-DOSが採用されることが決まったり
注:マイクロソフトはPC-100を選択しており、98が失敗すると思ってました。そのため「N-BASICと高い互換性を持つPC98用BASICを作ってほしい」という要求にたいし、「不可能」と拒否をしました。しかし、実際はPC-100がなかなか発売されないために普及し始めたPC-98に乗り換えを決めました。一旦拒否していながらの乗り換えのため、関わる口実が必要というのが実情のようです

そんな「98シリーズ」ですが、発売されたら高速に日本語を表示できることが、事務処理などに受け企業向けに普及していったのはご存じの通りです






世代が変わり、3.5インチのFDDが採用される頃に出てきたのがCPUに「V30」を搭載したモデル
有名なのが「VM以降」の「PC-9801VM」
「CPUがV30・グラフィック表示が2画面・フロッピーが標準搭載」が基準になったと言うことです
(5インチのフロッピーはこれ以後も採用されています)
これ以降もPC-9801シリーズは進化を重ね、CPUは286から386を経て、最後の9801BX4では80486を採用しました(9821シリーズはペンティアムも使ってましたが)


これだけの普及期であるためにゲームも色々と発売され、ウィザードリィやウルティマのような海外の名作
信長の野望や三国志のような国内の有名シミュレーションゲーム
そしてエルフやアリスソフトといったアダルトゲームなど、マニアでも揃えるのが難しいくらいの大量のゲームが発売されています
大量に持ってる人もいるのでしょうが・・・・箱がでかくてかさばるので集めてる人も少ないんじゃ無いかなと思います
なにより、フロッピーディスクの寿命の時期が過ぎてるので、今購入しても読めない可能性が高いです
購入時に調べて貰ってからじゃないと、買っても遊べない可能性があるので通販では注意してください




蘇るPC-9801伝説 永久保存版 第2弾
アスキー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 蘇るPC-9801伝説 永久保存版 第2弾 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック