狂った果実

さて・・このゲームが発売された当時は「沙織事件」(ぶっちゃけ内容はたいした事は無いんだが、大げさに取り上げられて業界が大迷惑してしまったという・・・)の直後でアダルトゲームのメーカー各社で『限り無く一般向け』のゲームを作っていた頃でした


狂った果実


フェアリーテールはホラーゲームを作りたかったのでしょうか・・・・
ただのグロゲーになってます


画像


内容は・・・・僕らの世代では有名ですが、今では知らない人も多いと思います
当然のごとく石原慎太郎とは無関係


画像


画像


さて・・・ネタバレせずにストーリーを紹介するのが難しい
そして有名だけに最初からネタバレしてる紹介サイトも多いですね


画像


情報通のキャラですが、それほど太ってるように見えないところも当時の事情なのでしょうか・・・


画像


主人公のグラフィックが表示されるというのは珍しい
しかも自分で自己紹介


画像


画像


グラフィックが独特な感じがしますね
色数が少ないから点描に近いように思えます


画像


話は進み、教授の娘の紹介


画像


当時広告に大きく載っていた為、「この子がヒロインなのかな」と思った人も多かったんじゃないかと思います


大半の人が、グロ画像で印象に残ってると思うのですが、私の場合は
似たような内容のドラマを視た記憶があったから印象に残ってました
俳優では、小野寺昭さんが弁護士役で主演していました
ストーリーは全く違いますが、要点部分が内容が似てたので
お手伝いとして働いていた愛人が、正妻から虐められていたので、愛人の娘が正妻を・・・という内容でした
母親である愛人が娘を庇っていたのですが、殺し方のせいで世間の注目を浴びてしまい・・・裁判も注目されることに
という内容

一方ゲームの内容は、アダルト部分で明確な裸は出てきません
「裸をポンと出されるよりシチュエーションがあった方がいい」という意見には私も賛成ですが、もうちょい画像を・・・

で、このゲーム・・・・最後の主人公の恋人の死に方が・・・・
スケッチブックにプールらしき物が描かれてるんだから水死は確定だろうに・・・
心理学学んで刑事になりたいならそれくらい予測しろ
あと貯水槽よりはプールの方が良かったんじゃ無いかと思う
設定が金持ちなんだから、広く感じられるほうが

この記事へのコメント

sam
2019年03月02日 15:06
最後の絵は殺した後に描いたんじゃないですかね?あとプールだと足着いちゃうから溺死は無いんじゃ無いですかね…
2019年03月02日 16:36
殺される前に「水色の容器」の絵が出てきましたよ
それでゲームを遊んでる側から見て「水でコロす」のが確定
終盤でその絵にヒロインの絵が書き足されていて、現場に行ったら・・・でした
おもり付けて縛れば沈むと思いますが・・・イメージの問題なので、矛盾がどうとかじゃないし

この記事へのトラックバック