魍魎戦記MADARA 大金剛輪編 (PC-98)

かつて、角川書店のファミコン情報誌「マル勝ファミコン」に連載されていた漫画
「魍魎戦記MADARA」
田島昭宇さんの代表作となるほどの話題作となります
当時のファミコン関連誌では、今でも続く「ファミ通」がやはりトップで、徳間書店の「ファミマガ」と「マル勝」が後を追う状況でした
2番手か3番手かは不明ですが、トップではない雑誌の連載でゲーム化となってます


魍魎戦記MADARA 大金剛輪編


「魍魎戦記MADARA」のゲーム化では、ファミコン版とSFC版がやはり有名ですが、実はPC98版もあったのです・・・・・


画像


当時はまだお金がなくてね・・・・・大学入ってバイトして金を貯めた頃には手に入らなくなってました
FC版やSFC版は中古ショップを回ってすぐに手に入れることができましたが


画像


画像


プロジェクトの企画は原作の大塚英志さんと設定の阿賀伸宏さん、そして作画の田島昭宇の三人
そして、ゲーム化で、プロデューサーに黒田幸弘さんが参加
マル勝ファミコンの記事では、設定がしっかりしてるので、そのまま作ろうとしたら、「漫画読んでる人にはそのままになっちゃうじゃないですか、オリジナル要素入れてくれないとゲームにする意味がありません」とコナミののスタッフに怒られたそうです


画像


画像


画像


画像


阿賀伸宏さんが工画堂の人なので、FC版も工画堂が作ってコナミが発売かと思ってましたが、開発もコナミのようです
もちろんPC版は工画堂の開発です


画像


原作を知らない人も多いと思いますが・・・・最初のうちは各部きちんと完結していました
(きちんとじゃないかもしれないが)
ですが、後期には未完作品が多数


画像


画像


イベントで大塚さんは「8つの本編と100の外伝からなる話」と言っていました
もちろんそんなにありません
本編と判明してるのは『壱』、『赤』、『弐』、『転生編』の4つ
可能性が高いのが「死海のギルガメッシュ」
外伝と判明してるのがMADARA四神篇(SFC版魍魎戦記MADARA2)と「MADARA影」
それでもストーリーは完結してます


画像


画像


画像


画像


PC版の話は、摩陀羅壱の終盤からになってます
連載も最後まで読んでて、単行本も持ってたのですが・・・・終盤でどうなったのか全然記憶にありません
影王はミロク帝の元から去っていたと思ったんですが・・・・
ラストは摩陀羅が力を暴走させて終わっていたと思いますが・・・


画像


画像


戦闘シーンはこんな状態
元からキャラが強いので、負けることはほぼないでしょう
問題点は、取説が無いとチャクラ(魔法)の内容がわからないこと


画像


通常画面ではアイコンが小さい
もちろん小さいだけなのでなんとかなりますが
「耳」アイコンは会話で聞くだけじゃありません
「!?」は考える
「Uターン」は移動
「Uターン」に関しては、記号がおかしいと思います
足跡マークでも良かったんじゃ


画像


画像


ゲームの内容はともかく、キャラクター関係は転生編になると相関図が様変わりしています
そもそも「摩陀羅が主人公では無くなる」という
最初のころは「在義一」=聖神邪の設定だったと思ったが・・・・勘違いみたいだ


画像


画像


というわけで、今からやるとコミックの全集が2種類あるので読むのが大変です
『魍魎戦記摩陀羅全集』と『田島昭宇MADARA完全コレクション』になります
「死海のギルガメッシュ」や「MADARA影」は当然『田島昭宇MADARA完全コレクション』には入ってません
また、完結編は「僕は天使の羽根を踏まない」という無関係っぽいタイトルになってます

ネタバレで言ってしまうと、全体の話は「ハッピーエンド」ではありません
転生の繰り返しで「記憶がただの妄想」と思うようになったり、「何度やり直してもうまくいかないことに絶望」したり
「発狂して世界を滅亡させたいとテロに走ったり」
一方で、現実ではアニメのヒーローみたいにはなれないわけで、「自分だったらそんな風になるだろうな」という世界が大塚さんの作る話の魅力なんだと思います
いい意味での「厨二病」という世界なんでしょう


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック