DEEP FEAR

買ったままで積みゲーにして遊んでいなかったソフト
「バイオのコピーソフト」などと言われていました
ゾンビ物では無かったのでパクリとは言われませんでしたが、バイオハザードもゾンビ物というわけでは無いんですけどね



『DEEP FEAR』

「海のホラぁ!」とせがた三四郎が魚を捌くCMのソフトです
デキに関しては、操作性の面でバイオに数段劣ります


画像


クリーチャーデザインは韮沢靖さん
音楽担当は川井憲次さん
有名な方が参加しています


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


ムービーのグラフィックは綺麗ですね
大場さんや小玉さんの名前が見られました
開発会社はISCOとなってますが、大場さんチームの共同開発のようです
「ISCO」という会社は同名異業種や同業種多数存在しますので(カタカナの会社とか)
今も活動してる会社なのかさっぱりわかりません
ファミコンで「トランスフォーマー コンボイの謎」を作った会社が同名なので、同じ会社かもしれません
(現在はゲームから撤退)


画像


画像


なぜ写真の中の絵が2Dイラスト・・・
ポリゴンキャラじゃ無いから違和感感じるだろ


画像


彼が主人公


移動が最悪で、MAPが使えるのに道がわかんなくなって、目的地にたどり着けませんでした
画面の右端にたどり着いて切り替えになると、なぜか次の画面では左端とかが多数です
アナログで遊んだため、レバーを倒しっぱなしにしてると「MAP切り替えループ」
デジタルなら前に進むのですが、バイオ方式が遊びにくいからアナログにしてるのに、より遊びにくくなるという・・・
それと、MAPの接続位置が移動方向と繋がってないので、画面が切り替わると頭の中で思ってた道順になりません
一本道を画面の上端に進んで切り替わったら今度は下方向に進むとか意味不明
普通はキャラが手前に戻ってもう一度上に進むものだと思いますが・・・

イベントにたどり着く前に、ゲームオーバーになったわけでも無いのに頭が混乱して続けられなくなりました
低評価だったのがよくわかります


DEEP FEAR
セガ
1998-07-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by DEEP FEAR の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック