Vain Dream (PC-98)

グローディアという会社の代表作は、「サバッシュ」か「エメラルドドラゴン」になるのですが、PC88版とPC98版は「バショウハウス」という会社からの販売です
これは、バショウハウスは流通・販売会社で、当時のグローディアは同人状態で個人事業主ですらなかったからです
(一応連絡先はバショウハウスの住所でしたが、社員にもバイトにもなってなかったそうです)
「エメラルドドラゴン」の大ヒットにより、法人化となりましたが、同時に主なスタッフがライトスタッフとして独立し、最終的に両社とも倒産となりました


ヴェインドリーム


画像


グローディアは日本テレネットから独立した会社です
ファイナルゾーンやアルバトロスに関わったメンバーとのことです
ライレーンというゲームが日本テレネット最後の作品ということですが・・・「知りません」


画像


画像


画像


画像


元日本テレネットでも、日本テレネットじゃなければ面白そうに感じるのはなぜでしょう・・・・
(いや・・・日本テレネットでも面白いゲーム出してるんだけどね・・・・MD版「イース3」(移植)とか・・MD版「空牙」(製作データイースト)とか)


画像


ストーリーの前振りは「デモディスク」にて(もしくは説明書にて)
手を抜いてゲームディスクから始めると、全部カットされています
もっとも、当時のPCゲームはこういったスタイルが大半です
すでに知らない人が多いと思いますが、フロッピーディスク一枚の容量は、PC98用2HDで「1.25MB」でDOS/VV用2HDは「1.44MB」です
(2DDは殆ど使われないので割愛)
MBはメガバイトなので、ゲームのROMカートリッジ8Mちょいですね
X68Kのストリートファイターがディスク2枚で作られてるのは2枚で16メガということです(こう考えると結構容量が大きいですね)


画像


家から出ようとするとテレパシーを受信した
・・・・この演出はどうなんだ・・・


画像


この子がヒロインです
エメラルドドラゴン同様にイベントシーンがありますが、全身の容姿はそこで


画像


画像


子供がさらわれる事件が発生
ちなみに私の近所では、「子ども見守り隊という蛍光のベストを着た中年の男が小学生に「おかえり」と声を掛ける事案」が発生していました
朝日新聞の投書欄では「子供に声を掛けても無視される」という投書が掲載されていました
声かけなきゃいいんじゃね


画像


というわけで犯人を捜すためにペアで捜査


画像


「ESC」ボタンでメニューが出ます
装備しないといけないのはRPGの常


画像


エメラルドドラゴンでもそうだったのですが、「隠し通路」が難易度を上げています
大半は入り口がわかるんですけどね


画像


犯人はわかってるので、とりあえず話をしてみる


画像


主人公はわかっていなかったので子供がさらわれる


画像


逃げる犯人の前にじいさんが立ちふさがった・・・・結果死亡


画像


PCのゲームなので、家庭用機ほど易しくありません
きちんとLV上げをしていないとゲームオーバー


ストーリーを重視した作りで、王道的な勧善懲悪の内容です
テンポ良く進むのですが、やっぱり難易度の高さが厳しいですね
せっかくテンポ良く話が進むのに、LV上げでしばらくとどまる事になります
イベントの中にLV上げを入れてくれればよかったのかな?
先を見たいのにしばらくLVあげと


エメラルドドラゴンほどのヒットにはなりませんでしたが、充分なヒット作で第2弾も作られました
ライトスタッフは家庭用機での活動がメインとなっていましたが、グローディアはPC用に専念していました

小さなPCゲームメーカーは、隠れた名作が結構あるのですが・・・・・
このゲームもフロッピーなので、見つけても遊べない可能性があります
リメイクや再犯は非常に難しいです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック