Dr.MARIO  (3DNes)

SNESが発売されたのは1990年の11月
このゲームが発売されたのは1990年の7月です


ドクターマリオ



画像


海外では「VSシステム」でのアーケード版もあるそうです


画像


見ての通りに瓶の中のウィルスを全て消せばクリア
それだけのルールです


画像


イメージ的には「フラッシュポイント」や「フラッシュコラムス」と同じですね


画像


カプセルは2つのブロックになってます


単純明快で遊びやすいゲームです
「ウィルスを消す」ということで、2つのブロックでも遊べる内容です
ぷよぷよがLCDゲームに出来たのだから、やろうと思えばLCDゲームに出来そうな気もする


ドクターマリオ
任天堂
1990-07-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ドクターマリオ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

道産子エンジン
2017年08月04日 23:35
ドクターマリオ…

私がテトリスも飽きてきた頃だったかな…
このゲームはゲームボーイ版と同時に発売だったそうですが、テレビでカラーか、携帯で白黒かで購入層が別れたのかな?
私がプレイ出来たのはゲームボーイ版の方でしたね。

調べて横井軍平さんが初代プロデューサーだったと知ると、枯れた技術の水平思考が頭をよぎります…
2017年08月05日 11:17
Dr.マリオのゲームは普通なんですが吉田戦車先生の漫画のDr.マリオが強烈すぎて…
2017年08月05日 14:18
>道産子エンジン さんへ

パズルゲームとゲームボーイの相性が良かったこともあって、ゲームボーイ版もかなり売れてたようですね
据え置き機はSFCの発売も近かったので、発売本数も少なくなり始めてたようですし
ファミコンもそうですが、ゲームボーイも息の長いゲーム機でした
2017年08月05日 14:21
>ふ さんへ

Dr.マリオの漫画自体知らなかったのですが、吉田戦車さんが作画ですか・・・・
シュールそうで、非常に読みたいです
病人に「ほっとけば治る」とか言いそうです

この記事へのトラックバック