SPAWN in the demon’s hand  (DC)

アメコミから映画となり、そのままゲームへというメディアミックス展開した作品


スポーン


メディアワークスの「電撃ガオ」にて「HADOWS OF SPAWN」という日本オリジナルの漫画も連載されました
作者は左翼活動家で有名な所十三なんですけど・・・反日デモに参加してると本人がTwitterに書き込んでます


画像


画像


映画を見てないのですが、悪魔とか登場する一見ファンタジー要素のある内容です
かといって、魔法が飛びまくるのではなく銃弾が飛びまくったりします


画像


画像


画像


OPデモが格好いいです
映画とか見てないですけど、見たくなるくらい


画像


隠しキャラが多いですね
そういえば、「ソウルキャリバー2」のXBOX版にゲストキャラクターとして入ってたような・・・・(PS2版のゲストが鉄拳のキャラで)


画像


とりあえずシングルプレイのボスアタックモード


画像


レーダーを気にしなくても視界にどんどん敵が入ってきます
しかし、ボスを倒さないとタイムオーバーになるのでボスを狙わなくてはいけません


画像


ロックオンされると外すのが大変
大半は倒して外すことになる


画像


ボスが現れましたがさすがボスだけあって強い


画像


リロードはボタンを押し直すだけなのですが、その隙を狙って雑魚が殺到


画像


なんとか倒せました


武器切り替えボタンで、「殴る」などの格闘もできます
フィールドの箱を壊して武器を入手したりと「パワーストーン」の要素も上手く活かしてますね
銃をぶっ放したり武器振り回したりと、爽快感のあるゲーム内容になってるんですが・・・・
今ではダウンロードコンテンツが入手出来ませんし、そもそも動く本体を探すのが大変です

権利の関係上厳しいのですが・・・・リメイクはなんとかならないものですかね・・・・
残念です


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

道産子エンジン
2017年09月30日 11:42
スポーンの漫画…所十三…なんか聞いたことがありますね。

少年マガジンの「特攻の拓」を読んだ事があるので、所十三さんの絵がどんなものかはわかっていますがアメコミが好きだったのかw

そして左翼派だったとは…族の漫画(原作付きだけど…)を書いていたのも、思想の影響があったからなのかな?

アメコミの影響を受けたといえば、漫画「トライガン」の内藤泰弘さんも、マーブルファンを公言していたような…
2017年09月30日 18:40
所十三さんの有名な発言は
「軍事力で国防が出来るなら軍事大国の米中露は日本以上に平和が保たれ国民の命が危険に晒されることも無いはずなんだよね」
という奴ですね
アメリカがテロで攻撃された程度で、どこも国防できてるはずなんですが
ちなみに、ヤンキー漫画を描いていたのは「出版社から依頼されたから」というだけで、自身の意思ではないそうです
縮緬雑魚
2019年09月04日 00:27
スポーンはアメトイブームの頃滅茶苦茶買い捲りました。日本語訳のアメコミも全巻持ってました。ただ、このゲームが出た当時は実写映画の内容が悪すぎてすっかり熱が冷めてて買わなかったですね。今になってこうして見てみるとチョットだけ欲しくなります。

この記事へのトラックバック