SORCERIAN 七星魔法の使徒  (DC)

3Dでリメイクされたのですが・・・・3D表示は視点の問題があって遊びにくいですね


ソーサリアン 七星魔法の使徒


評価は低いのですが・・・低い理由は3D表示が全てです
どうしても3D使いたかったならKOFみたいに背景をポリゴンで描いて2Dでの操作にすれば良かったのに


画像


画像


VM画面は手抜きですね・・・無くても良かったのに


画像


画像


ドラゴンが出てくるのは「ドラゴンスレイヤーV」だから


画像


操作系で無理があります
LRで視点変更で、別の操作も重なってる
十字キーとアナログキーを、どちらか視点変更にすればよかったのに


画像


画像


冒険の始まりですが・・・キャラを作ると愛着が沸くので・・・「不老化」するのが有名です
「不老不死」と言われますが、死ぬのは死ぬので「不老」


画像


ソーサリアンのシナリオというのは
オリジナルで                   10本
追加シナリオ1で                 5本
追加シナリオ2「戦国ソーサリアン」で    5本
追加シナリオ3「ピラミッドソーサリアン」で 5本
新シナリオ「宇宙からの訪問者」で      4本
「ギルガメッシュソーサリアン」で       5本
「セレクテッドソーサリアン」で       全10本
メガドライブ版で                 10本
PCエンジン版でオリジナルが         3本
Windows版で追加シナリオが        5本

というわけで、62本のシナリオがあります
そして今回のドリームキャスト版では5本がオリジナルとなってます
完売となってますが、プロジェクトEGGで『ソーサリアン・コンプリート』というのがありました
PCエンジン版とWindows版、そしてドリームキャスト版のオリジナルシナリオ以外は全部遊べるようになってます


画像


色々とシナリオがありますが、最初は難易度の低いものから

ちなみにメガドライブ版の紹介はこちら



画像


最初のシナリオなんですが・・・・


画像


画像


見にくすぎる


画像


画像


・・・・LR引いても並び方が変わったりダッシュしたり・・・・
いや・・設定通りだからいいんだけど、視点変更・・・


とりあえず・・・・遊びにくい

オリジナルのシリーズは高く評価されていましたが、どこで差が付いたか・・というと、やっぱり3D化が失敗でした
発表された時でも「どうやって3D化するのかな」と思ってましたが
2Dでは場所がすぐわかりあまり気にならないお使い部分も、3D化で視点変更を駆使しながら探し回る
3D化が失敗でしたね

Windows版のソーサリアンオリジナルは、中古ソフトならまだAMAZONでも出回ってます
遊ぶならそちらがお薦めです
(ソーサリアン・コンプリートも出回ってるようですが)


ソーサリアン 七星魔法の使徒 (限定版)
ビクター インタラクティブ ソフトウエア
2000-04-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ソーサリアン 七星魔法の使徒 (限定版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ソーサリアン MD 【メガドライブ】
セガ
1990-02-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ソーサリアン MD 【メガドライブ】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ソーサリアン・オリジナル (スリムパッケージ版)
ソースネクスト
2005-10-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ソーサリアン・オリジナル (スリムパッケージ版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ソーサリアン 【PCエンジン】
1995-03-17

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ソーサリアン 【PCエンジン】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

道産子エンジン
2017年11月25日 19:40
タイトルは知っていてやった事が無いのですが、そんなにシナリオがあったのですね。

3D化をするからには、3D化したうえでストレスを感じさせないようなボタン割りや視線移動をほどこすなりしないとダメですよね。ゲームの面白さを別の所で削られる…
いくつか心あたりがありますが、ゲーム機の性能、開発期間の長さ、予算の都合…作り込みが良いと思われるのは、それが上手く合致したものではないかと。
惜しいと思われなかったものが名作と呼ばれる…そんな、すれすれの基準で今に名が残っているゲームがあるのだと思います。

良いとこ悪いとこ…情報を仕入れるのにレビューを見て判断し、それから購入…
もしくは、シリーズに信頼を置いて追いかける…

作り手の抱える問題は多いですよね。
ガンバってとしか、言えないのですけど(笑)
2017年11月25日 20:36
PC版は遊んだことが無いですね
MSXにも移植されたのですが、MD版をクリア出来ずにお腹いっぱいでした

世間の評判ほど酷くは無いのですが・・・・
やっぱり操作しにくさが一番の問題点です
元々のファンの人も3D化を望んでる人がそんなにいたとは思えないんですけどね・・・
金を掛けて余計な事をして失敗したみたいになってるのが残念です
時間や予算に余裕があれば、もっとマシにできたでしょう

この記事へのトラックバック