懐ゲー 思い出語り

アクセスカウンタ

zoom RSS ROBOCOP  (3DNes)

<<   作成日時 : 2018/07/21 07:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

近年リメイクされていたような気がしますが・・・・
大ヒット映画のゲーム化です


ロボコップ


明石家一門のプロ野球選手である木田優夫さんが、デトロイトタイガースに入団したときの会見で
「ロボコップに会えなかったのが残念」と言って結構ウケていたことがありました
(実際に明石家一門に入って居るわけでは無く、番組上のジョークとしての話です)


画像


ちなみに・・・明石家さんまさんの師匠は笑福亭松之助さんという方です
明石家という屋号は松之助さんの門下生に多く付けられた屋号とのことで、明石家さんまさんがタレントに転向したから笑福亭を外したわけでは無く、今でも一門の弟子であるそうです


画像


画像


このロボコップも低予算映画
暴力描写ということでR指定になったのも、ヒーロー要素ではなくそっちを売りにしていたからと言われています


画像


丁度、定吉七番も発売されるあたりの自機だったため、少年サンデーに掲載された漫画では
定吉「そんなごっつい銃持っとる警官おらへん」
警官A「資料映像ではこの銃だったはずなのに・・・」
警官B「どういう映像見たんだ?」
警官A「ロボコップ」
という遣り取りがありました


画像


このゲーム・・・セレクトボタンでガードだったりします


画像


降りられなくなった


・・・・・いや・・・ほんとに


画像


続きは別のNESTOPIAにて


画像


今度は降りられたぞ


画像


銃が使えるエリアに入ると撃てるのですが・・・・・


画像


非常に使いにくい
なんでこんなに当たらないんだろうか


画像


銃が使えるようになってからかなり難易度が上がります


画像


このボスも、銃は必ずガードするのでかなり強い


画像


かなりムズいよ


もうちょっとなんとかならなかったのだろうか


ロボコップ
データイースト
1989-08-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ロボコップ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ロボコップは好きでしたね。
デザインは宇宙刑事ですが、宇宙刑事と違い地球だけの近未来の設定で
「もしかしたら科学技術の発展によっては現実になるのかもしれない🤔…」
そんなリアルさを感じたんですよねw

ロボコップを開発したのが悪党側のオムニ社であったのも、話しに捻りが利いていて面白かったです。
最後のシーンで、オムニの社長を人質にとった黒幕のオムニ社員をロボコップが撃とうとした時、オムニ社員に危害を加えてはいけないプロテクトがロボコップの思考回路にあって撃てない…大ピンチ。

銃を突きつける社員に向かって
社長「おまえはクビだ😡」
ロボコップ「ありがとう😀」
ズドーン💥🔫

印象に残る名シーンでしたね(笑)
道産子エンジン
2018/07/21 14:12
低予算で作られた1作目が大ヒット
金を掛けて作ったリメイク版がパッとせず・・・
新シリーズとならなかったのは残念です
低予算だからこそ残虐要素を入れることができたりと、コア層狙いがヒットの要因だったという意見もあります
全年齢対象だと無茶ができないのもあるのかもしれませんね
ラストシーンも人質がヒロインになって、ヒロイン助けてハッピーエンドになってたかも
DST
2018/07/21 14:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
ROBOCOP  (3DNes) 懐ゲー 思い出語り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる