FINAL MISSION  (3DNes)

下請けの多かったナツメのゲーム


ファイナル ミッション


見た感じは「フォゴットンワールド」に似ている


画像


見た感じだけです
操作方法なども全く違います


画像


空中を飛び回る主人公
そしてサテライト付き


画像


一方で序盤から嵐のような猛攻


画像


色々武器も手に入りますが、正直それどころでは無い猛攻


画像


縦スクロールもあって、画面を見るだけでは「フォゴットンワールド」に似てますが・・・


画像


難易度がおかしい


攻撃方向は左右のみ
ボタンは攻撃と攻撃方向チェンジとなってます

難易度がもっと低かったら評価がもっと変わってくるのに・・・
かなり惜しいと思います


ファイナルミッション
ナツメ
1990-06-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

道産子エンジン
2018年11月18日 18:11
これは知らなかったw
フォゴットンみたいな…と、おっしゃるので動画を探して見てみましたらコレは…
魂斗羅+グラディウスではないですかw
効果音からポーズ音までコナミ全開で大笑いしました(笑)
エンディングのスタッフロールに元コナミ社員の名前も…
2018年11月18日 19:50
元コナミのスタッフもいたのですか
音にも注意してれば気づいたかもしれませんね
空中に浮いてる主人公で一気に「フォゴットン・・・」と感じてしまいました
通りすがり
2018年11月30日 02:54
確かに静止画はどう見てもフォゴットンワールド…
加えて左右撃ち分けシューときたらサイドアーム?
と思ってしまうのが往年のカプコンファンですが、
魂斗羅でグラディウスってのは言い得て妙ですな。
2018年11月30日 07:23
どれも面白いゲームですからね
ある程度似てしまうのは仕方無いと思います
どれだけ独自色を出していくのかで、メーカーの特徴が出てきますね

この記事へのトラックバック