PCEngine CD-ROM2  

家庭用ゲーム機初のCDーROMシステム


PCEngine CD-ROM2



CD・ROM ROM システム 【PCエンジン】
NEC
1997-01-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



初期の物はCDプレイヤーと、インタフェースユニットが別売りでした
理由は当時は物品税があり、少しでも値段を下げるためにCDプレイヤー部分を別売りにしたのです
消費税の導入で物品税が無くなると、セット売りとなりました


機能としては・・・・
メガCDと違って素直な作りであり、追加機能はADPCM音源1音とバックアップ用のRAM程度です
ゲーム部分で使うメモリは・・・たったの64kバイト
後に『SUPER CD-ROM2』としてバージョンアップしました

既存のユーザーは「スーパーシステムカード」の購入で
PCエンジン本体を持ってるユーザーは「SUPER CD-ROM2システム」の購入で
完全な新規のユーザーは「PCエンジンDuo」の購入で
と状況に合わせた選択肢が提供されました

私の周りではPCエンジンDuoのユーザーが多かったですね
PCエンジンの黄金期となります
一方で・・・・HuCardのソフトが全然発売されなくなってしまうわけですが


最終バージョンとして「アーケードカード」が発売されたのですが、PCエンジンの末期でもあり、ネオジオの「餓狼伝説2」や「龍虎の拳」が目玉ソフトとなりました
スーパーシステムカードと両対応で、ロードの回数が減るというソフトが多かったです


海外での「TurboGrafx-CD」は・・・・本体の形状が日本の物と全く違うこともあり・・・・
変なデザインでした

この記事へのコメント

黒のFD
2019年06月06日 11:10
うちは初代ROM2とDUO-Rの2台体制なのですが、初代ROM2はコンデンサ劣化で音声出力がダメになったので交換しました。どっちも耐用年数なんて過ぎているだろうだから、その他の駆動部分もいつまで持つかな・・・て感じで実機使わなくても良いように、SuperSDsystem3買ってしまいました。
購入後30年くらい経過ですが、PS2みたく大量に出回っていると交換部品を購入してストックしておけるけど、ROM2じゃ難しいですよね。
携帯機のPSPやDSみたいな専用バッテリー使用だともっと稼動寿命短い気もするけど(笑)
2019年06月06日 16:14
劣化していく部品は、大半がコンデンサの寿命
CDドライブ系はモーターのブラシですね
ネットで検索すると・・・意外と・・・自分で半田を使ってコンデンサ交換する人がいるようです
不器用な私には無理な話ですが
コンデンサがなんとかなってもドライブのモーターはサイズが合わなかったり、交換後にレンズの調整が必要なものがあったりするそうでかなり難しいみたいです
CDにも対応した互換機が発売されるようで、そういった存在はありがたいですね
名前はまだ無い
2019年06月08日 14:14
CD-ROM2いいですね。私はコアグラⅡからDuoなのでCD-ROM2系は所持したことがないんですが当時は憧れました。
今は10年くらい前に入手し直したDuoと数年前にジャンクで入手したR2台とで3台持ちですが公式の互換機が欲しい所…
2019年06月08日 17:33
RPGが多くて羨ましかったです
当時は「天外魔境2」が豪華キャストで話題になりましたし
デジタルコミックの「パトレイバー」とかも遊びたかったですね
エミュで遊んでいると実機も欲しくなります

この記事へのトラックバック