PCエンジンSUPER GRAFX

PCエンジンが発売されて2年後に発売されたPCエンジンの上位互換機


PCエンジン スーパーグラフィックス


PCエンジンが1987年の10月、PCエンジンSGは1989年の11月の発売でした


PCエンジン スーパーグラフィックス本体 【PCエンジン】
PCエンジン スーパーグラフィックス本体 【PCエンジン】

う~ん・・・・正直なところ、なんで作ったのかが疑問でした
今では「何がしたかったんだろうか」という思いですが、当時は「せっかく普及してきたのにもう上位機か」という理由で


性能としては、RAM容量が4倍でグラフィックチップが2個になり倍に
BG面が2枚になってますが、発色数は変わりません
また・・・・なぜかサウンドチップに変更は無くFM音源が使えません



大魔界村 SG 【PCエンジン】
大魔界村 SG 【PCエンジン】

キラータイトルとして「ストライダー飛竜」とともに発表されたのが「大魔界村」
先に発表されたメガドライブ版を意識していたのかもしれませんが・・・本体買い直してまで買うかと言われると・・・
そして大魔界村の発売は遅れ、1990年の7月とメガドライブ版の約1年後
さらに遅れた「ストライダー飛竜」はSG用からCD媒体へと変更されて1994年とメガドライブ版の4年後でした


ソフトを発売したのはハドソンとNECアベニューの2社だけ
グラフィックチップが2個というのは開発が難しかったのか、単純に「売れない」と思って作らなかったのか・・・


1941 SG 【PCエンジン】
1941 SG 【PCエンジン】

PCエンジン最後のソフト「1941 Counter Attack」
出荷本数が少なかったそうで、プレミア価格となってます
もちろん弁当箱さんは持ってます


以前にも書きましたが、私は「コアグラフィックスSG」とかになって、廉価版が発売されて徐々に置き換わっていくと予想していたのですが、この予想が見事に外れて市場が「SUPER CDーROM2」に移って行きました
やっぱり発売が速すぎたのかな・・・


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント