DARIUS PLUS  (PC Engine)

Wikipediaを見てみると、意外と多くのハードに移植されている・・・・ように見える


『ダライアス プラス』


daripurea04.jpg


携帯電話で二桁に突入


daripurea02.jpg


daripurea03.jpg


携帯電話はJAVAが使えるようになったのが大きかったのかな
横画面化できる機種が出て、特有の横長表示も活かせるようになったでしょうし


daripurea05.jpg


制作発表当時はCD-ROM版と「ほぼ同時期」に発売という予定でした
(獣王記と同様に)


daripurea06.jpg


なぜかHuカード版は遅れに遅れ約半年ほど後に


daripurea09.jpg


「PCエンジンSG」が発表されたこともあり、両対応に変更になっての発売です


daripurea10.jpg


CD-ROM版とは、ボスが10体削減とか、内蔵音源での再生による音質の違いが大きいところです
なお・・・SGで遊ぶとスプライト表示の「チラつきが抑えられます」


daripurea13.jpg


下手なので


当時は期待してたのにHuカード版がなかなか発売しなくて・・・結局待ちきれなかったんですよね・・・
でもメガドライブで「2」が出たから・・・
友人宅で遊んだのはCD-ROM版でしたが、ボスの近さを感じました
もちろん調整されてるので十分戦えましたけど

ダライアス プラス 【PCエンジン】
ダライアス プラス 【PCエンジン】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

黒のFD
2019年10月11日 12:02
当時、最初はHuカード環境しか無かったので、すぐに購入して
楽しんでたのですが、後でPCエンジンGT手に入れてから遊べたので、
それが嬉しかったです。
あの当時にしてはGT液晶はクオリティ良かったんで・・・
数年前に動作確認した時に映像と音が死んでたので、
コンデンサ交換を2個だけして復活したのですが、
その他のコンデンサも交換しないと・・・と思ってる最中です。
故障知らずってFCとSFCくらいしかないや・・・

DST
2019年10月12日 08:26
え・・・GT?
たしか・・・かなり高かった記憶が・・・
CD-ROM2と近い値段じゃなかったかな
最初からTFT液晶だったので、画面がにじまず綺麗だったんじゃないかな・・・(見たことすら無い)
据え置きと同じものが遊べたので、スイッチと似たような選択ですね

画面の大きさはどうなんだろう
TFT液晶なので雑誌の記事ではガンヘッドで遊んだことが伝えられてましたけど、シューティングには疲れるのかな
黒のFD
2019年10月12日 09:04
GTはたしか当時、本体とチューナーとアダプタを
中古で15000円くらいだったかな?
PCエンジン系は中古でしか買ったこと無いです(笑)
液晶はRPGでも文字読めるくらいには良くて、
チューナー経由の外部入力でサブ画面ぽく使ってました。
ただ、最近の液晶みたく内部でデジタル接続されてはいないと
思うので、出力解像度とドット画素が一致してないので、
アナログ時代の良い液晶って感じです。
コンデンサ交換でまた映る様にはなったんですが、
バックライトが蛍光管でしょうから、現存するやつ
減っていくんじゃないですかね...
大きさはDSLIteあたりが大きさ近いかな?
流石にDSLの液晶は次元が違う美しさ(笑)
DST
2019年10月12日 17:12
15,000円なら安いですね
しかもチューナー付きとは
それは手が出ます

液晶モニタの「バックライトをLEDに交換」という話を聞いたことがありますが、合うキットや知識が必要ですからね
ネットで探せば改造してくれる業者があるのかな