ACARD ANS-9010

昔使っていたハードウェア
今でも中古なり売れ残りなりが流通してるようですね


ANS-9010



ACARD RAMディスク ANS-9010B
ACARD RAMディスク ANS-9010B

「B」タイプは私が使っていた物です
RAMドライブと呼ばれる製品で、DDR2ーRAMを複数さしてハードディスクのように扱う製品です
当然・・・ご想像の通りにかなり速いアクセス速度を誇り、理論値に匹敵するアクセス速度となります

GIGABYTE社の「i-RAM」という商品が先駆けで、発売当初はヒット商品でした
「i-RAM」はPCIの拡張カードで、PCIスロットから電源を取る方式で、発売当時の規格であるSATA1.0
それに対し「ANS-9010」は後発品であり発売当時の規格であるSATA2.0での接続でした

充電式バッテリーを搭載し、CFかーどでイメージ保存をすることで
「電源をオフにしても安心、充電が切れてもCFカードから書き戻すことができます」
ということでしたが、バッテリーはすぐにダメになり、CFカードも相性問題に加え、書き戻し速度が遅くてログイン時点でエラーになると・・・

というわけで、「SCRIPT」を駆使してログイン後に自動で領域確保とフォーマットをするようにして使っていました


この手の製品にはユーザーに猛者が居るもので・・・
RAID組んだり・・・・(体感速度は限界突破でたいして速く感じない)
起動ディスクにしたり・・・(別売りマニア用のACアダプタで電源確保)

ネットで検索してもユーザーが多かったようで、多くの情報があります
それなりの値段がしましたが、体感速度も非常に速く実際に満足度の高い製品でした


Acard ans-9010ba 5.25 "ダイナミックRamモジュールRamディスクSSD SATA x1 (Not Included)
Acard ans-9010ba 5.25 "ダイナミックRamモジュールRamディスクSSD SATA x1 (Not Included)


売れ残りや中古は出回っていますが、後継品が作られていません
現在はSATA3.0となりました
RAMメモリを使っているので問題無く速度が出せるはずなのに・・・と思うでしょうが、別の理由があります

今ではメモリの価格も大容量化して普通にPCを使っていて余裕で余ります
私は16G積んでますが、そこまで使い切るわけが無く、メモリの一部をハードディスク化する「RAMディスク」というソフトを使っています
この「RAMディスク」というソフトウェアをハードウェア化したのが「RAMドライブ」なわけで、
「搭載メモリにRAMディスクを使えるほどの余裕が出来た」
ということが「RAMドライブ」の後継品が出ない理由となってるのだと思います
(ソフト一本で手軽だし)

また、フラッシュメモリの原価が下がり、「SSDの登場でドライブに十分な速さが出た」ということも一因かもしれないですね


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

黒のFD
2020年02月05日 16:26
これは当時かなり欲しかったな~。
発売されてた時期は、自作PCに熱意が
薄かった時期だったので購入まで
至らなかったのですが、ランダムアクセスが
速い環境ってロマンあるのでSSDなんかは
結構早い時期に導入しましたね~。
それと、当時から不安には思ってましたが、
やっぱりバッテリーはダメになるんですか...
DST
2020年02月05日 18:34
買って損したと思ったことは無かったですね
起動ディスクで使えば今でもSATA2接続でもSSDに負けない速さで起動できると思います
ACアダプタを使うことになるので、めんどくさやトラブルの不安が半端ないと思いますが

バッテリーはダメですね
結構速くダメになってたし、社会人で「就寝~帰宅」までは持たないから意味ないしで・・・
結局最初はCFカードで「フォルダだけ保存して、スクリプトでフォルダの中身をHDDからコピー」が一番快適となりました

当時はいろいろと活動してて、動画や写真編集のTMPフォルダとして実力を発揮してましたね
壊れたのは役目を終えたのかも