エンディングを見てみたい 黒の断章 (PC-98)  その1

なんとなくだが・・・挑戦したいと思った


黒の断章


kurodan115.jpg


じつは・・・98版は買っただけでクリアしていない
サターン版を購入した後で入手しただけ


kurodan102.jpg


・・・・続編の「Esの方程式」を、シリーズ物と知らずに購入
作中で「前作があった」とほのめかされていて、「アボガドパワーズ」のゲームを探すも見つからず
「セガサターンマガジン」でのサターン版「黒の断章」の紹介から1作目のタイトルを知り、サターン版を購入しました


kurodan104.jpg


そしてその後Windows版を購入
「Esの方程式」がDOS版が入っていたようにCDの中におまけで同梱されてることを期待したのですが・・・
さすがにそういうことはありませんでした(せっかく18禁で発売されてたのに・・・)


kurodan107.jpg


序盤に色々な場所をクリックして進めるのですが・・・
残念ながらMIDIの再生が上手く行ってません
サイレンの音が「正真正銘のノイズ音」
「Nekoプロジェクト」の方に切り替えてみました


kurodan108.jpg


こちらはサイレンの音自体が鳴らず
・・・設定間違えてるな


kurodan109.jpg


kurodan111.jpg


kurodan112.jpg


とりあえず、オープニングデモが流れます


kurodan116.jpg


このゲームは「オカルト物」な探偵物のアドベンチャー


kurodan119.jpg


kurodan123.jpg


警察官に捜査班のフリをして聞き出す
普通の人がやると後で怒られるどころか公務執行妨害で逮捕になるのでやらないように


kurodan124.jpg


主要人物登場
続編でも出てきます


kurodan127.jpg


一家族が殺されているわけですが・・・既にオカルトチック


kurodan128.jpg


画面は明るいですが、既に夜の設定なので、相棒の草薙君は帰宅しています


kurodan129.jpg


kurodan130.jpg


事件のことをを明日香に伝えて再び現場に向かうと・・・・
若いはずの女性が男に絡まれていました


kurodan132.jpg


・・・・サターン版では「女子大学生」という設定で、グラフィックもそれらしくなっていたのですが・・・・
PC98版では女子大生と名乗っていますが、どうみても「水商売の女」
書き直されたサターン版と印象がかなり違いますね
PC98版は18禁なので、キャラデザ時は大人の女性で作ったのかもしれませんね
後から「若い方が良い」と女子大生となったのかも

会話の内容では大学の講義の話とかも出てきます


kurodan133.jpg


移動したら今度は明日香が絡まれてました
当然助ける


kurodan135.jpg


おっさん暴れる
現時点では理由が不明ですが、おっさんは情緒不安定な状態とのこと


kurodan136.jpg


kurodan137.jpg


サターン版をクリアしてるので内容を知ってるわけですが、こちらのメガネさんも訳ありのようです


アボガドパワーズは色々と苦境になった話とかが有名で、2008年に活動再開になり話題となりました
ゲームの制作では苦しい面もあるため、DVD-PGソフトの代理販売(開発は下請け任せ)をメインにしていたようです
ゲーム自体の制作は復活後は3本だけでした
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・最終的には・・・
現在はホームページが無くなって、今度こそ倒産かもしれません

黒の断章 The Literary Fragment
黒の断章 The Literary Fragment

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

名前はまだ無い
2020年03月09日 11:08
おぉ、懐かしい、黒の断章はSSでやりました。
PC-98版…キャラデザのクセが弱いですねw
明日香はすっぴん?と思う程にすっきり顔w
DST
2020年03月09日 21:58
樋口るみ子とかは逆にクセが強いようにも思えます
「もうちょっと可愛くてもいいだろ」とか
18禁なので・・・エロ度は高い