エンディングを見てみたい AZEL PANZER DRAGOON RPG  その1

世界観が大好きなシリーズ


AZEL パンツァードラグーン RPG


azel0108.jpg


シューティングゲームやアクションゲームは「下手の横好き」な私ですので・・・・
時間さえ掛ければ必ずクリアできるRPGというのはうれしかったのですが、シューティングゲームから入ったシリーズのファンからは不評でした
なんでやねん


azel0104.jpg


前作、前々作が高く評価され、「チームアンドロメダ」のロゴが入っています
しかし・・・・このアゼルがあまり高い評価を得られずに、二木プロデューサーなどのスタッフが退社
XBOXでの「パンツァードラグーン オルタ」では「スマイルビット」のロゴとなっています


azel0105.jpg


エミュの高解像度で見ると、当時の動画は粗く感じますね
TVで遊んでいるときはとても綺麗に見えました


azel0110.jpg


azel0116.jpg


azel0117.jpg


azel0118.jpg


発掘所で攻性生物と呼ばれる生物兵器が出てきました
殻(甲羅)が白い物は「純血種」と呼ばれる物で、かなり強い
ちなみに雑魚は「変異種」と言って、「純血種」の子孫が野生化したものになり、家畜化された物も居ます

仲間の救援に入った主人公のエッジ君は、女性が閉じ込められた石版を発見しました


azel0119.jpg


azel0120.jpg


帝国のクレイメンは、救援どころか助けを求めた発掘部隊の仲間を撃ち殺して、遺跡を持っていきました


azel0122.jpg


その頃、帝国の首都で爆発テロ
首謀者がクレイメンと発覚
皇帝は旗艦グリグオリグに乗っていて無事でした


azel0125.jpg


銃で撃たれたエッジ君は着水
なぜか無事でした
(理由はあるのですが)


azel0126.jpg


azel0127.jpg


水から揚がって操作ができるように


azel0128.jpg


三角錐の物体がアイテムが入っている箱
「ロックオン」で調べることが出来ます
遠いと「もっと近づけ」となります


azel0133.jpg


ムービーと通常画面の差が結構激しいのが残念
仕方無いんですけどね


azel0136.jpg


azel0139.jpg


azel0140.jpg


攻性生物に囲まれますが、ハンドガンから弾が出ない
そこへ、どこからともなく「ドラゴン」が助けに来てくれました


azel0141.jpg


ドラゴンの背に乗って外に出ることに


azel0143.jpg


azel0144.jpg


まずは外に出ることに
ドラゴンに乗っても「ロックオンで調べる」ことに違いはありません
Bボタンで進むので、上を押しても進まないのが特徴


azel0146.jpg


「エリアマップ」を入手すれば地図も表示されます



とにかく世界観と、世界観に見事にマッチした音楽が素晴らしい
最初のシューティングゲームである「パンツァードラグーン」では東祥高さんが音楽を担当しました
東祥高さんは2012年に他界されてしまったのが残念ですが、ゲームのイメージと合った音楽を作り上げ、セガの音楽スタッフが以後のシリーズでもその世界観を引き継いでいますね

ストーリーが短いとか言われていますが・・・・
充分な長さはあると思います

AZEL パンツァードラグーンRPG
AZEL パンツァードラグーンRPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

名前はまだ無い
2020年04月01日 16:09
1作目がSwitchで「パンツァードラグーン:リメイク」として明日発売されるようですね。
ニンテンドーeショップを覘いてみましたが、まだリストにない…さていくらするんだろう?
DST
2020年04月01日 18:51
海外版は先に発売されてるようですね
ポーランドの会社がライセンスを受けて開発したそうで

グラフィックも今風というか、綺麗でかつ、独特の雰囲気のある背景でした
アニメ調っぽい質感でしたが、雰囲気があって良い感じでした
音楽もアレンジ版と切り替えできるそうで