エンディングを見てみたい 星をさがして・・・  その3

移動が・・・移動が・・・星間移動頻繁すぎ


星をさがして・・・


hosi102.jpg


ほんとにチョロッと出かける感覚で別の星に移動してるんですが・・・


hosi302.jpg


hosi303.jpg


カオスさんのお宅
かなりの魔力を持ってそうな名前ですが、ごく普通の人


hosi306.jpg


hosi307.jpg


家にあげてくれた割には何も話してくれないので、箱に掛かった布を取ります
3・2・1、なんと、箱の中にミオが!!


hosi309.jpg


hosi311.jpg


なんと、ミオがしゃべった

カオスさんは、「会話が出来る珍しい小動物」ということで、ミオを売りさばいていたと・・・
その結果ミオは「これが最後の一匹だ」と言っています
主人公が「もう一匹いる」と言う前に追い出されました


hosi312.jpg


hosi314.jpg


hosi315.jpg


追い返されて、仕方無く宇宙船に乗ってライラの元へ帰ると、ミオが弱っていました
「何食べるかわからない」と・・・・


hosi319.jpg


またも宇宙船に乗って「ベルア星」へ
おばあちゃんから「ドングリ」買います
拾うことも出来ずに買うしかありません


hosi320.jpg


そして帰る
宇宙船ってそんなに気楽に乗りまくれるのだろうか


hosi321.jpg


hosi322.jpg


hosi323.jpg


稀少生物を飼育することに悩むライラ


hosi325.jpg


というわけで、ミオを「仲間の元に返そう」となりました


hosi326.jpg


またベルア星へ


そんなに何回もチケットを購入して・・・不審がられないのだろうか


セガ・マークIII 星をさがして
セガ・マークIII 星をさがして

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

名前はまだ無い
2020年04月29日 11:16
記事も3回目ですが、なりゆきで話が進んでいる感じでゲームの目的?が見えない…現状子供向けならミオを愛でるゲーム?それともやや上の世代へ稀少生物を絡めたメッセージが!?

駄目だ、歳を食うと余計な所に目がいって…
DST
2020年04月29日 11:28
目的としては「ミオを故郷に帰そう」なんですけどね・・・
ちょっと主人公が「情けない」ので格好良くは無いです
彼女に「生き物をプレゼント」して「可哀想だから住処に帰してあげましょう」と言われるとか

子供の頃はすんなりストーリーに入っていけたんですけどね
歳を取ると「アラ」に気づいてしまいます
名前はまだ無い
2020年04月29日 19:24
なるほど、「ミオを故郷に帰そう」という話か。
しかし、卵から孵る、エサはどんぐり、仲間の元へ、の展開が早すぎて…途中に心を通わせるイベントでもあればもう少し印象も違うのかな。
でも古いゲームですし、昔のAVGだとけっこう普通なのかな。
DST
2020年04月29日 20:55
>心を通わせるイベントでもあれば

仰るとおりで、「全くありません」
卵から孵って、「珍しい動物だ」「飼い方わからない」「故郷へ帰そう」
という流れです
名前すら付けていないので、ミオは種族の名前です

名前付けたら愛着がわいて、帰しにくくなるでしょうからいいと思うんですけど・・・