ディスクイメージの話

PCエンジンもCD-ROM2のゲームを扱うようになって・・・


ディスクイメージとCUEシート


disk04.jpg


扱いやすくなって良かったです
PCエンジンは「CD-ROM」から「CD Install」を選択する
それで「Install」フォルダの中にイメージができて完了
もちろん「ゲーム」ごとにフォルダができますのでトラブルは無いはず


今ではこんな簡単なのですが「PCエンジン CD-ROM2」は特殊なフォーマットなので、吸い出しに苦労した人が結構いました
「データ記録用CD」の規格ができる前のハードなので、「音楽CD形式」でデータが保存してあるからです
なので・・・PCの一般的なバックアップソフト、イメージ化ソフトで吸い出そうとすると、どちらにも分類できずにエラーが出るとか、「音楽CDとして1トラック目(警告メッセージ)だけ吸い出す」などの例がありました


disk00.jpg


(これはメガCDのソフトですが)1トラック目が「Data」で他が「Audio」
PCエンジンのCDでは2トラック目が「Data」になるのですが、他のトラックにも「Data」が入ることがあります
そして・・・・一番の問題として、吸い出しても「起動できない」ということがおこります

最高のコピーガードです

特に、「ソフトAでは起動できたのに・・・・」ということがよくありました
PCエンジン用ソフトの吸い出しには、「Ootake」の機能を使ってください




CDイメージの吸い出しで当時主流だったのは「CD Manipulator」というソフトで、今でもダウンロードできます
ですが、Windowsのバージョンも進んで、今では「吸い出しに異常に時間がかかる」ことがあります(ちゃんと成功しますけどね)
設定も多くて便利なソフトですが、さすがに古くなってしまったのかな

今での一般的なCDイメージ作成の場合にお薦めは「ImgBurn」というソフトです
ディスクに焼くのがメインのソフトですが、プロテクトの掛かってないディスクなら、DVDでも吸い出せます
そして、「CD Manipulator」でも作成できるのですが、「CUEシート」付きで吸い出すことができます


この「CUEシート」
エミュレーターではあまり重要では無いのですが、ディスクイメージとしては重要です
イメージファイルの本体は、BINなりIMGなりISOなりですが、「SUB」というサブチャネルデータというものがあります
主にCD+Gとかで使ってることが多いのですが、プレイステーションのCDで使われていることがあるそうです(どれかは知らないけど)
そして「CUEシート」と呼ばれる「CUE」ファイルは、トラックの情報やSUBファイルを組み合わせて「ディスクのイメージ」にする役割のファイルです
仮想ドライブソフトでCUEに対応していないソフトは存在しませんし、BizHawkではCUEイメージ自体が標準です
ゲームCD以外の用途でも「CUE+ISO等+SUB」という形式で「DAEMON Tool」を使うのが最も再現性が高いことになります

知ってる人が大半だと思いますが、CUEファイル自体はテキストファイルなので編集もできます

・・・今ではDVDROMの方が多いのかもしれませんが



ちなみにメガCDのイメージ化の場合


disk00.jpg


「CD Manipulator」で1トラック目だけ吸い出す


disk01.jpg


音楽CD用MP3化ソフトで、2トラック目以降をMP3にする
MP3化さえできればWAVEからの変換でもOK


disk02.jpg


こんな感じ
1トラック目は「01」が無くてもOKです
後はGENSなりKEGAなりで起動すると、勝手に2トラック目以降をMP3から鳴らしてくれます


そしてセガサターンの場合ですが、こちらもプロテクトなどがあるわけでは無いので
吸い出しソフトでそのまま吸い出せばいいだけです
なお、SSFを使う場合


WS002.JPG


SSFを解答すると「CreateCDImage.EXE」というファイルがあります


WS000.JPG


このように吸い出しツールなので、ドライブを選択して
右下の「Create」で


WS001.JPG


吸い出すことができます

吸い出したイメージファイルを使うにはオプション画面から選択する形になります
CUE+BIN形式なので、他のソフトで吸い出したものでも使えると思います
(実はイメージ起動機能を使ったことが無い)



今となっては不要な話かもしれませんが


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

黒のFD
2020年06月18日 13:46
たしかCDが出始めた頃に、CDメディアは15年くらいは持つ、
みたいな事を言ってた気がしますが、あれから30年くらい経っても
プレスCDがほぼ読み込めますね。うちにあるメディアは
結構イメージ化したのですが、手間的にすべてはまず無理です。
手順忘れたりもするので、こうやって残して頂けると助かります。

CDじゃないですが、F1のDVDで2008年版のやつ、
1回視聴してシュリンクして保管しておいたのですが、
記録面に白い粉吹いてて、粉は落ちたのですが、
再生できない部分が出来てしまい、保管は難しいなと思いました。
温度とか湿度とか、過酷な環境にならないように
気を付けていたんですけどねえ・・・
2007とか2009版は大丈夫なので、変な所でプレスしたのかな?と
思ってます。
DST
2020年06月18日 22:11
数年前に「ゴミ問題」の記事の中では
「CDは腐敗・分解しないので『データ保持に強い』ものの、永遠に残るゴミである」と書かれていましたね
熱で表面がゆがんで読み出せなくなったりはあると思いますが、暗所に保管してあればまず壊れない、ということなのかも
CD-RやRWは、年単位が過ぎると読み出せなくなってしまいますね
コストで考えたら貴重なデータはHDDに保存するのがいいのかな

白い粉はなんでしょう・・・ポリカーボネートのプラスチックなので、劣化とかは考えにくいのですが・・・カビかな
アルミの記録面が無事なら「磨け」ば復活するかも
名前はまだ無い
2020年06月19日 00:31
数年前に、PCエンジンのCD-ROMは年数的にもうヤバい!早くバックアップを!みたいなのを見ましたが…今の所まだ読めてますね…何なら本体のコンデンサの方が心配ですね。早いうちに交換した方がいいのかしら…
でもウチはDuo、R、Rと3台もあるから部品代も作業もキツイなぁ
黒のFD
2020年06月19日 19:01
うちの機器だといわゆる4級塩コンデンサ使ってるやつは、
X68kとPC-9821A*、86音源ボードが該当してましたが、
ほぼ交換して残りは9821Aeが1台残ってる状況です。
面倒だけど交換しないと...で放置しちゃってます。
初代Duoは4級塩みたいなんでそいつはやばそうですね。
数も多いみたいですし。
あと20年数年くらい経ったらまた交換?かとも思いますが、
気力続くかな?(笑)
DST
2020年06月19日 22:02
>名前はまだ無いさん

調べてみたところ、「データ領域の品質保持期間」があるんですね
プラスチックに密封されてるから、半永久だと思っていました・・・・
腐食しない「プラスチック自体」のことだったようです

しかしまぁ・・・30年から100年ってばらつきが・・・


本体のコンデンサはどっかに業者無いのかな
DST
2020年06月19日 22:07
>黒のFDさんへ

X68Kの名前が・・・でも買ってたとしてもコンデンサ交換する勇気無いもんな・・・

そうえいえば「BEEP」というレトロショップが「ワンダーメガM2」の整備済みを出展したとか記事があったな・・・
すぐに売れてると思うけど
名前はまだ無い
2020年06月20日 00:09
4級塩?知らない情報が…チョイっと調べてみたらすごい悪者扱いじゃないですか!恐ろしい…

部品揃えてまずは1台盆休みにでもやるかな~

しかし、黒のFDさんX68k所持とか…只者ではないとは思っていましたが何か納得ですわw
黒のFD
2020年06月20日 08:58
すごく只者のオッサンです(笑)。
X68k実機はSCSI機器とか空FDも揃えてないと
楽しめないので、今はエミュ環境の方が良いですよね。
うちも実機は数年単位で動作確認でしか
動かしてないし...
コンデンサ交換、両面実装基板のやつは、
コンデンサ抜くのは楽ですが、スルーホールの
半田抜くのに基板の裏から半田コテ当てて貰って
表から吸取り線で半田除去って感じだったので、
半田吸取り機を購入しました。
使わないとアシュラマンみたいに腕多くないと無理。
片面実装とか表面実装なら一人でもなんとか。
でかまる
2021年06月10日 15:26
もう古い話なのでいまさらなのですが、ちょっと調べ物検索していて引っかかったので書かせていただきますが、見る人もないかもしれませんねw

CDは仕様決定当時百年はもつメディアとされていました。
実際には湿気の多い環境では数年でも死ぬこともあります。
物理的にポリがカビやすいうえアルミ蒸着膜が錆びるからです。
仕様的には発表当時から色々とショボいと個人的には思っていましたし、今アナログがいいだのハイレゾがいいだの言われていますが、当然の成り行きです。
とはいえソニーが強硬に言い張ったのでまだマシですが、共同開発のフィリップスはもっとショボい仕様で作ろうとしていたのでひどい話です。
自分はいわゆるカセットテープ時代からの人間ですが、自分が保存していたPC8001のカセットやPC8801のフロッピーディスクも読めますので結局保存次第です。
DST
2021年06月10日 22:24
>でかまるさん へ

コメントありがとうございます
CDの寿命は環境問題に関する新聞記事だったので、大げさに「劣化しない半永久的」とか書かれていたんですね
「中のデータ」と「ポリカーポネートという物体」も、もちろん『別の話』なわけですけど

フロッピーに関しては、業務用で98互換機を作っていた会社の記事で、「磁性体の寿命」の話が出ていました
限界を超えてるはずですが、もちろん保存環境によるのですが、みなさん大切にされてるようで「以外と保つ」物なようで
でかまる
2021年06月14日 15:33
コメントいただけるとは思っていませんでしたのでちょっとうれしい感じです(笑)
ちなみに画質の良さで評価の高かったレーザーディスクもCD以上に環境にヤワい素材で作られていましたので、CDと同じく保存が悪いと「外観、物理的には残り続けるが内部は錆びて無くなるしデータも無論読めない」というなんの役にもたたないゴミと化します。
データ保存の理論的にはMOやDVD-RAMが最強でしたがコレも突然死んだりしますのでやはり多数各所分散保存しか無いと思われます。CD-RなどR系メディアは良いツールを使い高級なドライブで高級なメディアに焼いたものも安いメディアに安いドライブで書いたものも等しく数十年を経て読めたり読めなかったりしますので正解が無いというかやはり湿気のない室温をある程度保った環境が一番ものを言うのではないかと思っております。
余談ですがシャープのX68000シリーズ最強の60030ですが、私も当時新品で購入しましたが電源にわざわざ採用した高級コンデンサーが後に液漏れがひどく故障の一番の原因となったあたり皮肉と言いますかその時の常識が実際には違ったという話ですね。今流通している中古も故障は大体それなのでATX電源で駆動できるようしている方が多いようで。
DST
2021年06月15日 18:29
>でかまるさん へ


コメント頂けるだけで嬉しいですよ
何も反応が無いと惰性だけになって、文章の少なかったり適当な内容になった記事が・・・・過去ログに・・・

バックアップの記事で、MOも保存性が良いと読んだことがあります
磁気を使ってるので、「磁力が弱くなっていくんじゃ・・・」と思っていたので、以外に感じたのを覚えています
確か「HDDが一番いい」という結論になってたはず
当時はフラッシュディスクの容量が少なかったので、比較対象になってなかったのですが、今ではSSDもあるので十分なバックアップメディアですね

X68Kは羨ましいです
やはりゲームの移植が、画像で完全移植に見えてとても魅力的でした
バイトをするようになり、お金が溜まった頃にはまだ売ってはいたものの末期で、見送ってPC98を購入しました
コンデンサは寿命のあるものなので仕方ないと言えば仕方ないんですよね
「コンデンサ交換済み」でレトロハードを販売してるお店もありますが