シャーロック・ホームズの探偵講座  (PC Engine)

CD-ROM2で発売された推理アドベンチャー


シャーロック・ホームズの探偵講座



sharo102.jpg

sharo103.jpg

・・・一応・・・タイトルのテキストは「タイトル画面に合わせて」
という方針でやってきましたが・・・この英語タイトルは長いので・・・


sharo104.jpg

ビクター音産からの発売なのですが、製作もオリジナルのアメリカの会社「ICOM Simulations」の製作らしいです
なので英語だらけ
「ICOM Simulations」社は、PC用の「デジャヴュ」というアドベンチャーゲームの会社です(ファミコン版はケムコから発売)


sharo106.jpg

CD-ROMを活かした・・・音声
なので・・・字幕が無い


sharo108.jpg

2段目までは説明です
各アイコンの説明とか、推理の仕方とか


sharo109.jpg

ワトソン君の声は今西正男さん
声優と言うよりも俳優としても、大河ドラマなど多くの作品に出演されています
洋画の吹き替えでは「風と共に去りぬ」や「誰がために鐘は鳴る」など数々の名作を担当していることもあり、聞いていて違和感が全く無い見事な演技です


sharo112.jpg

そしてこちらがホームズさん
説明不要な若本規夫さんです
若本さんも洋画の吹き替えに関してはベテランですね


sharo113.jpg

「Mummy」はミイラという意味です
『ミイラの呪い』でいいのかな


sharo115.jpg

新聞を細かく調べて推理する、という内容です
現場も行きますが・・・・


sharo116.jpg

一つ一つの項目にきちんと内容があるのですが・・・


sharo117.jpg

選択してみたら「誕生日情報」とか関係無い内容も多く・・・
めんどくさい


海外では人気ソフトとなり、メガCDやらDVDーPGとかにも移植されました
現在でもSteamでダウンロード販売されています


シャーロックホームズの探偵講座 【PCエンジン】
シャーロックホームズの探偵講座 【PCエンジン】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

黒のFD
2020年05月25日 11:31
当時、CD-ROMとはいえここまで映像付いて
しゃべりまくるのは結構凄かったと感じた記憶が。
音声不可逆圧縮とか一般的じゃなかったはずですけど、
ADPCMにしてちょっとレート落とした感じなのかな?
ゲーム自体は進行させてなくて、何をどうすれば良いのか
思い出せず(笑)。
めびうす(仮)
2020年05月26日 19:55
いま見ると大したことのない粗い画像(ムービー)ですが、当時は結構衝撃的でした。これから数年後に発売されることになるメガCDっぽいムービーでこれはこれで結構味があって好きでした。ゲームの内容云々よりも、このムービーのほうが印象に残っています。続編の2も相変わらず味のある画像でしたが、その頃になると1作目の時ほどは驚きませんでした・・・・。

ゲームの内容ですか? ちょっと不親切でしたよね。けっこう面倒くさいところもありましたし・・・・。
DST
2020年05月26日 23:04
>黒のFDさんへ

凄いですよね
きちんと映像がわかりますから
ADPCMのはずですが、きちんと判別できる音声で、誰が何を言ってるのかちゃんとわかるのですが・・・
うん・・・何をどうすればいいのかもわかるんだけど、進め方が・・・
DST
2020年05月26日 23:06
>めびうす(仮)さんへ

粗いけどちゃんとした映像ですよね
メガCDの「ロードス島戦記」と比べると天と地の差が
「天下布武」とか「天舞」の映像は見られるので、メーカーが悪いのか・・・
ちょっと・・・きついですよね
アメリカでは売れてたそうですけど