AMD Athlon MP  (CPU)

私が購入したCPUで4代目
数で言ったらPentium3を3個買ってるので違うのですが、マザーボード単位で4世代目です


Athlon MP


AMD AXDA2500BOX Athlon XP 2500 512KB Cache Processor by Advanced Micro Devices [並行輸入品]
AMD AXDA2500BOX Athlon XP 2500 512KB Cache Processor by Advanced Micro Devices [並行輸入品]

「MP」が見つからなかった・・・


K7シリーズでスタートしたAthlonシリーズ
ブランド名は「64」ビットになっても使われていました
最初はPentium3と同様に「スロット」での提供でしたが後にPentium3と同様に「ソケット」へ
インテルの場合は「キャッシュメモリのCPU内蔵が遅れたから」というのがソケットになった理由でしたが、AMDの場合は「サードパーティが新規部品の製作に否定的だったからインテル製品と共通部品にできるようにした」とのことです
CPUのサイズが違うと、CPUクーラーが専用の物になります
マザーボードの設計も独自のCPUサイズに合わせた設計になります
シェアの大きいインテルでしたら1から作っても売れますが、シェアの小さいAMD専用設計は・・・・たしかに嫌がられますね

Athlonの4世代目となって、コアの名前が「Thunderbird」となり、「ソケットA」というソケット形式でのCPUも発売となりました
前述の通りに「サイズはインテルの『ソケット370』と同じサイズ」でした
なのでCPUクーラーも同じ物が使えます
ここまでが製品名「Athlon」です

「Thunderbird」がそれなりには売れたのですが、クロック競争のまっただ中だったため「高発熱」
「カミナリならぬ焼き鳥」と雑誌に書かれることもしばしば


その後「Athlon」の第3世代となります
最初に発売されたのが「Athlon4」
こちらはノートPC等のモバイル向けで、自動で電圧を下げたりする省電力機能が搭載されています
そして、デスクトップ用は『Athlon XP』という名称です

「Athlon MP」はこのXPの「デュアルCPU用」となります

XPとの違いなのですが・・・性能的にはデュアルCPUで使えるというだけの違いです
単純に「6A815」というマザーボードで「デュアルCPUのPCを組んだからその流れで」という理由で選んだだけです
他には「ずっとインテルの物を使ってきたから違うメーカーの物を使ってみたい」というのもありましたが

ただ、次作PCマニアにはもう一つ別のポイントが・・・
「XP」ではCPUの基板パターンでオフになっている倍率変更回路が、「MP」ではなぜか切られていなかったのです
なので、オーバークロッカーはシングル用途でも「MP」を選んで購入することに・・・
わざわざ変更可能にする理由が・・・一緒で問題無いのに・・・
「MP」の方が若干高いので、もしかしたらAMDの戦略だったのかもしれませんね
(インテルでは、同じコアでキャッシュの容量が違うだけで、値段が高いPentiumを多く作り、Celeronが品切れになったことがあります)

なお、後に・・・XPの基板パターンを鉛筆で繋ぐだけで倍率変更が可能になることが判明しました


「Athlon64」が発売となり、マルチコアのCPUが出てくると「デュアルCPU」も下火となってしまいましたが、他とは違う特別感のある構成でした
一方・・・インターネットの普及が始まり私もネットに繋いでみると・・・
4CPUの「クアッドPC」のマニアがいることを知りました
・・・私はクアッドのマザーは売ってるところすら見たこと無いんですけどね

AMD Athlon XP 2200 + 384 KキャッシュSocka 266 MHz Core Freq 1.80 GHz
AMD Athlon XP 2200 + 384 KキャッシュSocka 266 MHz Core Freq 1.80 GHz

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

黒のFD
2020年10月01日 13:57
AthlonMPの頃はIntelだとデュアルCPUにするには、
主にXEONが選択肢なので、ハードル高かったです。
その頃は自作熱が冷めていて、あまりパーツを
購入していない時期でした。
時々、そういう時期がある気がします。
DST
2020年10月02日 18:46
>黒のFDさん へ

前の自機に「セレロン」でデュアルというのが流行りましたからね
Intelにしても、あまり構想外のことはして欲しくなかったのだと思います
私はその後のAthlon64の後で熱が冷めましたね
確かC2Dだと思いますが・・・
『静か』で性能低いCPUでもそれなりに速いということで、「ここまで来たら何使っても同じじゃん」という事に
自作PC雑誌も終了するものが出てきた頃でした