エンディングを見てみたい FORGOTTEN WORLDS  その1

ふぉごっとん・・・「ワールド」だと思ってたけど「ワールズ」だったんですね


フォゴットンワールズ


forg10002.jpg


アーケード版のタイトルは「ロストワールド」です
基盤はカプコン謹製「CPシステム」
数々の人気ソフトを送り出した、CPシステムの第一弾となります


forg10004.jpg


forg10003.jpg


CPシステムの構成は、CPUとして元ローラーのMC68000とザイログ社のZ80の二つ構成
メガドライブとそっくりですが、実はこれ・・・珍しいことでは無く、セガの「システム16」でも同じ構成です
グラフィックチップが違う程度でアーケードゲーム基板では一般的な構成で、メガドライブが「アーケードゲームを家庭用に移植しやすくするため」に近い物にしたのです


forg10006.jpg


アーケード版ではローリングスイッチを採用していたのですが・・・・残念ながら私は実物を見たことがありません
友人Wなどから話には聞いていて、写真自体は見たことがありますが


forg10007.jpg


「IKARI」のループレバーと違って、ボタン側がダイヤル型になっていて回転させることができます
そして、押し込むことで発射となるそうです


forg10008.jpg


メガドライブ版の操作では・・・・
AボタンとCボタンで回転
Bボタンで攻撃
となっています
Bボタン押しっぱなしのA・Cで、サテライト一固定での攻撃方向回転
もできます


forg10009.jpg


敵を倒して「ゼニー」というクリスタルを集め・・・買い物
ショップの店員さんはシルフィさん


forg10015.jpg


余談ですが・・・このゲームは「3ボタン専用」となっています
6ボタンパッドが発売される前のゲームなので、「ゴールデンアックス」同様にバグります(強制的にゲームオーバーになります)


forg10016.jpg


工場の奥に進むと・・・


forg10019.jpg


ボスです
なんか・・・ほっといても倒せる敵でした


forg10023.jpg


なるほど・・・ボスの名が「パラメシウム」だったのですね


forg10024.jpg


PCエンジン版と違ってボイスがありません
残念です


forg10028.jpg


ステージを先回りして店を開いてくれるシルフィさん


forg10035.jpg


トカゲ型の敵が四方八方からやってきます


forg10040.jpg


なんか変なの出てきた


forg10041.jpg


ボスがこいつです
口のなかからトカゲが大量・・・


forg10046.jpg


サテライトの武器が「ホーミング」なので、弱点を狙ってくれます


forg10047.jpg


弱点の皮が破れ、弱点がむき出しに
心臓なのかな


forg10051.jpg


ボスの名前が「ダストドラゴン」でした


カプコンの人気ソフトだったため・・・・・・・・・・・・・・やっぱり海外のホビーパソコンに移植されています
Youtubeの動画では、カクカクながらも再現している映像が上がっています
海外の会社の執念が凄いぞ


フォゴットン ワールズ MD 【メガドライブ】
フォゴットン ワールズ MD 【メガドライブ】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

黒のFD
2020年09月27日 10:17
ACのロストワールドは当時ハマった口ですが、
移植ものでは流石にローリングスイッチの操作性に
及ばないので、結構苦しかったですね。
MD版も、良く移植してると思うんですけどね。
ローリングスイッチはダイヤル自体が金属製で、
良く塗装が剥がれて鉛色になってました。
DST
2020年09月27日 17:12
>黒のFDさん へ

アーケード版の実物を見たことが無いんですよ
写真とかでならあるのですが・・・
最初から家庭用の操作方法なら「それはそれで」と思えたのでしょうけど・・・
アーケード版のローリングスイッチも試してみたかったです