NINTENDO64

見たことも触ったこともあるけど・・・・


NINTENDO64


じつはゲームを遊んだことが一度も無い


NINTENDO64 本体
NINTENDO64 本体

ホントに冷静に記憶を振り返ってみて・・・遊んだことが一度も無いのです


大学の後輩が持ってました
部屋に入ったことはありますが、遊んでません
当時エイデン(現在はエディオン)で、展示してありました
展示だけで、ソフトを遊べるようになってませんでした


そんなハードのNINTENDO64


設計時は「ウルトラファミコン」とか呼ばれていましたが、コードネームは「プロジェクト・リアリティ」です
ユーザーが勝手にウルトラファミコンと呼んでいただけですね
ソニーとの共同企画は「スーパーファミコン用のCDドライブ」ですので、64の設計時には関係は終わっていたようです
設計は「スーパードンキーコング」を開発したレア社とSGI社(シリコングラフィックス)が担当していたそうです
・・・かなりの発売延期でしたが、原因はSGI社なのかな・・・
当時に主流となったCD-ROMではなく、あくまでROMカートリッジに拘っていたことが知られていますが、山内社長はあくまでおもちゃなので「差し込むギミックが重要」と言い、宮本茂さんやエニックスの堀井雄二さんは「ロードが無いことが大切」とインタビューで答えていたことを覚えています
(結果としては、64の発売が遅れたことでドラゴンクエストはプレイステーションでの発売となりましたが)


ハードウェアとしては、CPUが文字通り64BITCPU
高速なアクセスができるラムバスメモリ
そして、Zバッファを採用したCGワークステーション並の3D表現力となっています
もっとも、その結果セガサターンと同様に「C言語でのソフト開発」となり、サードパーティの確保に手間取ることとなりました
プレイステーションの「小さなソフトハウスでも開発がしやすい」というメリットが際立ち、国内でのソフトの本数は大きく差が付いています

一方で、海外市場では見事に大躍進
3千万台を超える出荷台数となっています
PC用ゲームの開発でC言語に慣れてるプログラマーも多かったのでしょうね

ファミコンミニやスーパーファミコンミニに続いて、「NINTENDO64ミニ」も発売されるのかな・・・と思ってたのですが・・・
残念ながら、コントローラーの特殊さあたりがネックなのかもしれませんね

NINTENDO64本体 クリアブルー
NINTENDO64本体 クリアブルー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント