ぴゅう太

ネタが無いから・・・


ぴゅう太


TOMY 16BIT g-basic搭載 ゲームパソコン ピュウ太 PT1000 オリジナル布ダストカバー[プレゼント セット]
TOMY 16BIT g-basic搭載 ゲームパソコン ピュウ太 PT1000 オリジナル布ダストカバー[プレゼント セット]

このアイデアってどこから出てきたんでしょうね


現タカラトミー(当時はトミー)から発売されたホビーPCです
「日本語BASIC」という名のBASICを採用していました
ホビーPCなので、他のメーカーの機種と同様にPCモニタではなくTVへの出力です

定価が59,800円ということもあり、子供向け、若年層をターゲットとしています
「日本語BASIC」は少しでもわかりやすくという理由なのか・・・「イケ」とか「カケ」と言った日本語・・・的なBASICでした
・・・単純に「GOTO」が「イケ」、「PRINT」が「カケ」となので・・・普通にBASICの構文を学んでいないとあまり意味が無いような気もします

私が実物を見たのは友人の家です
使っていたのは友人のお父さん
当然のことながら、友人が使いこなせないのでBASICがわかる友人のお父さんが使っていたわけです
友人の家にあったソフトがコナミの「スクランブル」と「フロッガー」でした
アーケードゲームからの移植作で、知られていたから購入されていたのだと思います
他にも「プーヤン」が移植されているそうです

玩具メーカーの発売ということもあり、それなりに宣伝されていた有名機種です
結果セガの「SG-1000」のようにキーボードを省いた「ぴゅう太Jr」というゲーム機も発売されました
残念ながら後継機種が続くほどの結果は出せなかったのですが、記憶に残るハードではあると思います


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

黒のFD
2021年01月19日 13:42
間違えて一回押しちゃった・・・
ぴゅう太、友人が持っていたので借りて使用しましたが、
日本語BASICは打つの大変だったなあ。
覚えているのは「オト サンオン」って英語にすると恐らく
「BEEP 3」で、3種類目のBeep音が鳴る命令でした。
拡張スロットに差す普通の英文のBASIC-I(だっけ?)も
使用したけど、スロットに差すだけなので固定されず抜けやすかったな・・・
ゲーム的にはMrDoがコイツくらいしか移植無かったので、
よく遊びましたね。
DST
2021年01月22日 22:00
>黒のFDさん へ

私は「スクランブル」をちょっと触らせて貰った程度でしたね
友人のお父さんはBASIC打ち込んでいましたけど、何作ってたのかは全然知りません
振り返ればNEC製以外にも実物見たパソコンがけっこうありますね