Visual Memory

ポケットステーションのことを書いたんだから・・・


ビジュアルメモリ


ビジュアルメモリ DC (ホワイト)
ビジュアルメモリ DC (ホワイト)

まだAMAZONで入手可能・・・何に使うのか知らないけど

「単体でもゲームができる」
ということでしたが・・・・どう考えても「オプション品」なんですよね・・・
定価2,500円の標準セーブ媒体としては高すぎるし、容量も少ない
100円ショップで買えるとはいえCR2032の電池を2個使って1週間も持たずに電池切れでブザーが鳴る
ユーザーからの評価は散々でした

パッドのスロットを1個にして、どちらにしても必要なんだから液晶と振動機能を標準でパッド側に付ける
それでセーブ機能のみのメモリーにしてた方が良かったと思います
メモリーカードはSDカードでも小さくて良かっただろうし
「液晶が無くてもなんとかなる」というのは今のドリームキャストエミュレーターにVM画面が無いことでもわかりますから


内部機能ですが、CPUとかフラッシュメモリとかは1チップとなっています
1チップなのでセーブ容量が小さいのですが、そこも不評でした
「高いのに複数買わなきゃ行けない」とか「大きいから場所を取る」とか
そういった不評の為、非公認オプションメーカーから「電池不要でバンク切り替え型のビジュアルメモリが発売されました」
これが好評でよく売れてしまったため、セガからも「メモリーカード4X」が発売されたのですが・・・・もっと速く出せばいいのに・・と


メモリーカード 4X DC
メモリーカード 4X DC


携帯ゲーム機としては、「まあ普通」
当時は「たまごっち」のヒットもあり、キーホルダータイプのテトリスなどLCDゲームが出まわっていて、セガとしても「その程度の内容」を考えていたと思います
携帯ゲームとして「あつめてゴジラ」等のソフト入りでの発売もされていました
何作か連動型のゲームが発売されていたのですが・・・・
セガの期待のようにはなりませんでした


ビジュアルメモリのエミュレーターというのは実は作られていたことがあって「VMEMU」という名前でした
残念ながら開発が終了し、どこかで誰かが配布してない限り入手は不可能です
それと、Windowsのバージョンも変わった為に、ちゃんと動くのかどうかもわかりません
昔試したときには動いてましたけど、同梱の単純なシューティングゲームを動かしただけです
ドリームキャストのエミュレーターと連動できるのかどうかがわかならいので、完成度も不明です


なお・・・今ではAndroid用の物が公開されています
・・・動かすソフトをどうすればいいのだろか・・・


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

名前はまだ無い
2021年09月11日 13:53
ビジュアルメモリの「ピーーー」はDCの起動音の感覚ですw
メモリーカード4Xは当時増え続けるビジュアルメモリに困っていたので助かりましたね。4Xとぷるぷるパックは鉄板!
DST
2021年09月11日 18:23
>名前はまだ無いさん へ

起動音か・・・ボリュームを小さくしてくれたら

増え続けるんですよね・・・我が家にも何個か残ってるんだけど、いくつあるんだろう
記事にも書いたけど、「ぷるぷるパック」なんか標準でもいいと思います
というか、セーブ機能もサターンみたいに本体で
(VM全否定になっちゃった)