Microsoft Bluetooth Ergonomic Mouse

やっぱり買い換えた・・・

Microsoft Bluetooth Ergonomic Mouse


【2020年最新版】マイクロソフトエルゴノミック マウス ブラック/有線/USB接続 RJG-00008
【2020年最新版】マイクロソフトエルゴノミック マウス ブラック/有線/USB接続 RJG-00008

以前にも書きましたが・・・・お気に入りのマウスはマイクロソフトの「サイドワインダー マウス」です
かなり古いマウスなのですが、なんとなくで買ってみて、惚れ込んだマウスです
「サイドワインダー」はマイクロソフトがかつて展開していたゲーミングハードのシリーズで、メインがジョイスパッドやアナログスティックでした
1995年から2002年まで展開していたのですが、時代が変わり「ゲーミングマウス」が登場した頃にマウスだけで復活し・・・サイドワインダーマウスを3種類(初代・廉価版・ワイヤレス)発売して消滅しました

そのマウスを使い続け、一度ワイヤレスに切り替えようとしていた時に、「Sculpt Comfort Mouse」を購入しましたが、当時のBluetooth事情が合わずに再び「サイドワインダーマウス」に戻し、最近になってもう一度使ってみて、合わなかった部分が解消されていたので「Sculpt Comfort Mouse」を使っていました


マイクロソフト マウス Bluetooth対応/ワイヤレス/小型 Sculpt Comfort Mouse H3S-00017
マイクロソフト マウス Bluetooth対応/ワイヤレス/小型 Sculpt Comfort Mouse H3S-00017

合わなかった部分が解消されていたこともあって問題無く使えていたのですが・・・
「Surface Precision Mouse」の廉価版が安くなっていたこともあり、思い切って変えてみました


Surface Precision Mouse
Surface Precision Mouse

こちらが「Surface Precision Mouse」
一万越えとなっています
見た目は変わってないのですが、サイドボタンの数が3個だったり、バッテリーが内蔵式になっていたりします



で、この「Microsoft Bluetooth Ergonomic Mouse」
持った感覚は・・・正直なところ、「サイドワインダーマウス」が100点満点過ぎて、まだ慣れません
サイドボタンが「Sculpt Comfort Mouse」ではスワイプだったのですが、さすがに評判が悪かったのでしょうね、ちゃんとボタンです
とにかく「触り方が悪くて反応しない」というふざけた状況はありません
押せばちゃんと動作します

「サイドワインダーマウス」は「かぶせ持ちには最適なマウス」と呼ばれていたマウスで、当然私はかぶせ持ち
「Microsoft Bluetooth Ergonomic Mouse」は、つまみ持ちでもかぶせ持ちでも合うような形状にしてあるので、何も考えずに持とうとすると、おしりの部分(手首側)に隙間ができてしまいます
たぶん慣れれば合うようになると思うのですけど・・・

Bluetoothのバージョンが上がったことによる大きな変化なのですが・・・
カタログ上の単4電池2個での動作時間が「最大15ヶ月」となっています
1年交換せずに持てば充分ですね

他には色のバリエーションが4種類あります
「パステルブルー」は薄い青なので以外と格好いいですよ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント