XBOX360

なんというか前世代機よりは売れていたような気がする・・・


XBOX360


Xbox 360 250GB【メーカー生産終了】
Xbox 360 250GB【メーカー生産終了】

調べてみると・・・
初代機が国内53万台
360が国内159万台
と3倍近くになっています
私のイメージでも、国内メーカーが多く参入していて、XBOXシリーズの中で一番活発だった機種だと思います

解像度がフルHDの1920x1080となり、5.1chのサウンドに対応
HDDも標準搭載でインターネット時代に合わせダウロードサービスも標準仕様となりました

ですが、一年後にPS3が発売となり、マルチプラとフォームのタイトルが増えていくと・・・・
同じタイトルなのに完全版がPS3で発売されることが多くなり、せっかくのスタートダッシュも追いつかれ、追い越され、という状況になってしまっています
2005年から8年後の2013年には後継機種のXBOX ONEが発売となりましたが、以後も国内ではPSに追いつけない状況となっていますね
(ただ、海外では充分に市場を作ってるんですよ)
情報で見てみると、初期不良を起こした事例が多かったため、後継機では様子見で買い控えたという話が多かったようです


Xbox 360 250GB【メーカー生産終了】
Xbox 360 250GB【メーカー生産終了】

マイクロソフトの残念なところは・・・毎回ハードの仕様がガラッと変わってしまうので、過去の遺産が活かせないところだと思います
初代はインテルの86系プロセッサとNVIDIA製GPU
360ではIBMのPowerPC系とATI製GPU
ONEではAMDのAPUプロセッサとなっています(SeriesSでは同じAMD製APU)
中身の仕様が変わりすぎていて、以前の資産を使えません
PS系でも「3」からは同じなのですが、2までは系統を引き継いだパワーアップでしたので、開発データの流用もできました
仕様が変わることでどうなったかと言うと、ゲームメーカーが自社開発を辞めて「Unreal Engine」などを利用するようになり、XBOX用ゲームはPCでも発売される為、「もうPCでいいじゃん」という流れを作ってしまったわけです
部品交換ができるとか、マニアなら「ゲームPC」とかを選んじゃいますから
(PSの場合はソニーが提供するエンジンもあるので、その場合には囲い込みが出来たりします)


後継機では下り坂になってしまった残念なXBOXですが、国内では一番売れた機種であるため、日本メーカーのゲームも多数発売されています
ちなみに・・・私は転倒では「SeriesS」を見たことが無いのですが・・・・よく考えたらゲームソフトすら見てなかったりもします


エミュレーターは「Xenia」という名前で、BIOS不要とのことです
起動するソフトはまだまだ少ないそうです
不運なハードなのかな・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント