ダブルドラゴン (Genesis版)

ワイヤレスのキーボードとマウスを買ってみた
「Sculpt Mobile Keyboard」と「Sculpt Comfort Mouse」だ
Amzonでは「人間工学」とか書かれていましたが、マイクロソフトのHPではエルゴノニクス製品とは別に分類されてるのでエルゴノニクスでは無いのだろう


使った感想は「微妙」
キーボードはやはり今までの物と配列が違うので、「Del」や「BackSpace」が押し間違い
マウスはセンサーの位置が「手首側過ぎ」
慣れればいいのかもしれないが、キーボードはもうちょい傾斜が欲しい
そして「Enter」と間違えて「PageDown」を押す間違いがかなり起きている(テンキーの「Enter」ばっかり使ってたから)
カーソルキーも押しにくいぞ
・・・・・・・・・・ここまで来たら自分に合ってないような気がしてきた
(あとカーソルの左の反応がかなり悪い)


というわけでGenesis版ソフト

ダブルドラゴン

以前にマーク3版を紹介しましたが、海外ではメガドライブでも発売されています


画像


海外での権利はトレードウェスト社が持ってますが、さらにライセンス


画像


メニュー画面が変です
メガドライブが発売された初期のソフトなので、1P2Pそれぞれで設定する方式になってます
(初期は日本のソフトでもそういう物がありました)


画像


画像


有名な腹パン誘拐シーンです
実は、ネオジオ版まで続くとこの子はなぜさらわれていたのかがわからなくなってくる


画像


なんか・・・こんなに動きが軽かっただろうか・・・・
もの凄くスピーディに動きます(敵も)


画像


最強の攻撃「肘」
今回も威力が高いです


画像


同時押しの反応が鈍いのが残念
狙った攻撃になりにくいです


移植度としては悪くないと思います
アーケード版でも同時押しの反応が鈍かった記憶があります
跳び蹴りかますはずがただのジャンプになってボコボコにされるという記憶が・・・
ちなみにこの頃はリージョンロックが無かった

"ダブルドラゴン (Genesis版)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント