MARIONETTE HANDLER  (DC)

元祖といえる物が何なのかは知らないのですが、古くからあるスタイルのゲーム
「ロボットコンストラクション」や、「カルネージハート」と言ったタイトルが知られています


マリオネットハンドラー


ある意味マイクロネットの最大のヒット作かもしれません



画像


画像


画像


画像


ロボットと女の子の映像から、ロボットの紹介に映るOPデモ
「おもちゃ」という表現と「かっこいい」という表現を出してますが、二段階デモになってしまってます


画像


Wikipediaに項目が無いのですが・・・・実は「ヘビーノバシリーズ」だったりします
アキロフ星人との戦争が終わった後、土星衛生上の防衛ラインをAIロボットに任せようとしたところ、慢性的なAIプログラマー不足に悩まされました
その後、地球では「マリオネット」と呼ばれるAIで動くロボットバトルが流行し始めました・・・・
というストーリー


画像


なぜだろう・・・・コントローラーの反応が悪い


画像


画像


ロード画面はかっこよく


画像


たった三文字入力するだけなのに、恐ろしく手間取ってます


画像


ナビゲーターというものが付きますが、続編では居なくなりました


画像


画像


ベーシックセットを購入後、改造パーツを買えるようになります
対戦を繰り返し、賞金を稼ぐ仕様です


画像


一番の難関が、このプログラムを組むところ
ここを乗り切れば、ゲームを楽しめるようになります


画像


シミュレーションモードでプログラムの確認です


画像


画像


視点は複数あります


プログラムが噛み合わないと、何もしないまま時間切れになったりもします

このゲーム・・・・上手く演出できればもっと盛り上がれたはずなんですけどね
「ぐるぐる温泉」ではドリマガがハトヤとタイアップで大会を開きましたが、このゲームは対戦物なのにユーザーが持ち寄らなければ対戦できません
小さな大会が数回開かれた程度で、後はユーザーメイドの大会だけ
もっと雑誌社やセガが後援した大会が開催できれば良かったのですけどね


マリオネットハンドラー
マイクロネット
1999-07-29

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マリオネットハンドラー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"MARIONETTE HANDLER  (DC)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント