テーマ:PC-98

狂った果実

さて・・このゲームが発売された当時は「沙織事件」(ぶっちゃけ内容はたいした事は無いんだが、大げさに取り上げられて業界が大迷惑してしまったという・・・)の直後でアダルトゲームのメーカー各社で『限り無く一般向け』のゲームを作っていた頃でした 『狂った果実』 フェアリーテールはホラーゲームを作りたかったのでしょうか・・・・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

サークルメイト

会社自体は「ビジュアルアーツ」の一部所なので、まだ存在しています PC98版でカルトな人気を持ったアダルトゲーム 『サークルメイト』 語られているのは「生首」 画像をスキップできないのは意図的なんでしょうけど・・・・グロ注意 98時台にポリゴンでロゴ表示です 効果があったのか無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ARCUSⅢ

ウルフチームの看板RPG第3弾 『アークス3』 遊ぶのならメガCD版がいいと思います PC版の1作目はキャラデザが全く違います そして2作目も全く違うデザイン 今作は最初からPC98版として作られたので、グラフィックの向上が見られます …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

QUARTH

コナミから発売されたシューティングパズルゲーム 『クウォース』 アーケードから始まって、ファミコンやPCにも移植されました アーケード版を少し遊んだ記憶がありますが、はまるほどの面白さでは無かったです 楽しめたのは確かですが タイトル画面はPCオリジナルだと思います アーケード版はどう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FLAPPY (PC98)

北海道のPCショップからソフトウェアメーカーになったデービーソフト PC用ソフトの発売を始めた後にファミコン向けに移植したソフトも発売しています ちなみに・・・マカダミアソフトというブランド名で発売した「177」というゲームが最も有名かもしれません 『フラッピー』 ファミコンでも発売されていますが、近年では携帯電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怨霊戦記 (PC98)

PCエンジンでもリメイクされているホラーゲーム 『怨霊戦記』 開発元はソフトスタジオWINGという会社ですが、スタジオWINGという名前に変更されています ・・・現在HPが「工事中」となってますが T98NEXTではここで止まってしまいました スクショのタイミングが合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラゴンバスター

アーケードでヒットして、ファミコンでも発売されたアクションゲーム 「ナムコミュージアム」にも収録されているので遊んだことがある人も多いでしょう 『ドラゴンバスター』 私は友人宅でファミコン版を遊んだのが最初でしたが、アーケード版はすでに入れ替わっていて、置いてある店を見つけたのはファミコン版を遊んだだいぶ後でした …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガイフレーム

NCSが送るPCシミュレーションゲーム ラングリッサーシリーズへと繋がる「エルスリード」シリーズの第3弾です ・・・・・いやまじで 『ガイフレーム』 日本コンピューターシステム株式会社 前作までと同じガイア大陸を舞台としたストーリー 「エルスリード三部作」と呼ばれ、第1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

斬 陽炎の時代

ウルフチームが頑張っていた頃の歴史シミュレーションゲーム 『斬 陽炎の時代』 「ざん かげろうのとき」と読むそうです 「かげろうのじだい」と長い間勘違いしていました オープニングですがリターンキーで飛ばせます 大河ドラマで真田幸村やってるな~ (あんまり興味ない) シ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DOME

数々のPCに移植されたシステムサコムお得意のADV 「ノベルウェアシリーズ」と銘打たれ、7作作られたシリーズの第一弾が 『DOME(ドーム)』 システムサコム自体は、PCユーザーで無ければ聞き覚えの無い人も多いと思います ですが、ゲーム開発だけ行い他社から販売された物が多く、古くはファミコンの「メルヘンヴェール」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

THE RETURN OF ISHTAR  イシターの復活

「ドルアーガの塔」の続編として、そして見るからに「二人同時プレイ専用」っぽいシステムで話題となったアーケードゲーム 話題となった割にはなかなか家庭用に移植されず、専らPC向けに移植されてきたゲームです 『イシターの復活』 PCばかりに移植されていた理由はわかりませんが、PC88・PC98・X68000・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

THEXDER

変形可能なロボットで迷路の中を彷徨うシューティングゲーム 『テグザー』 ゲームアーツの初期の人気ゲームです 海外のPC(APPLE][やIBMPCだけじゃなくマッキントッシュにまで)にも移植されるほど高く評価されていました 印象としてわかるのは、狙いを付けなくてもいい手軽さ キーボー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ARCUS Ⅱ

ウルフチームの展開するセイクリッドファンタジーシリーズ 特徴的なシステムが評価され、2作目が作られました 『アークスⅡ』 遊ぶのならメガCD版がいいと思います レベルの概念が無いのは前作同様 武器防具の購入もやはりありません PC98版はX68版と同様に後発だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NECTARIS

ハドソンのイメージを吹き飛ばすかのごとくに現れた、SFシミュレーション 高橋名人はでてこず、ボンバーマンのようなキャラクターゲームでもありません そしてもちろんシューティングゲームでも無いので、キャラバン対象でもありません 『ネクタリス』 なんの脈絡も無く「PCエンジン」の紹介を始めたわけでもありませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ARCUS

PC98のゲームソフトはそれほど持っているわけではない・・・・・ と思ってたらエロゲが結構あった PCのゲームってシミュレーションゲームが多いから一般ゲームはあまり買ってないんだ ウルフチームの人気RPG 看板作品でもあり、日本テレネット倒産の際にはアダルトゲーム化もされています 『アークス』 メガCD版…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PC98 シャングリラ

ゲーム関連その他商品の紹介も終わりました 他に記事にできるようなものも・・・「SEGA MAGA」(セガが発行してた情報誌)の残りか?・・・・反応薄かったし・・・ というわけでPC98のゲームを紹介することに・・・ (エロゲばっかだがエロ部分は紹介できない) 株式会社エルフのホームページが閉鎖(2016年3月31日)にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DOOR DOOR (PC-98)

固定画面のアクションゲーム チュンソフトの中村光一さんが一人で開発したゲームです 『ドアドア』 エミュレーターがテンキーパッドに対応してないので操作がジャンプしかできませんでした PC-8001が全盛期の頃に、雑誌掲載ソフトを遊ぶためにアルバイトをしてPC-8001を購入 その後雑誌にプログラム…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

PC-9801

私が最初に買ったパソコンはMSX2+でした ただ、単純に時代が終わってしまっていたので中古で20000円ジャストでした それなりに情報は持っていましたが、 「MSX2のゲームってフロッピーでしょ?ドライブ付いてる?」(MSX2の末期はディスクの物が大半でした) 「2+は付いてるのが標準」 などというやりとりも購入前にしていまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more