テーマ:PC-98

GAPLUS (PC-98)

開発メーカーのキャリーラボは、当時のソフトウェアメーカーとしては非常に有名な会社です 「オールマシン語」でソフトを開発するために、ビジネスソフトでは動作が非常に速く、ファイルサイズも小さなものを作っていました また、ビジネスソフト、ゲームソフトだけでなく、コンピュータ言語にOSまで開発する穂との技術力を持っていました 「そんな会社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DINOSAUR  (PC-98)

イースやソーサリアンで有名な日本ファルコムから、今までとはがらりと雰囲気の違ったRPGが発表されました シリアスで陰惨な雰囲気 戦場では、無情に人が死んでいくことを思わせる雑誌の記事(実際には過去の話) 個人的にはかなり好みな雰囲気です 『ダイナソア』 そんな私好みな雰囲気のゲームを購入できたのは、中古のMSX…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

魍魎戦記MADARA 大金剛輪編 (PC-98)

かつて、角川書店のファミコン情報誌「マル勝ファミコン」に連載されていた漫画 「魍魎戦記MADARA」 田島昭宇さんの代表作となるほどの話題作となります 当時のファミコン関連誌では、今でも続く「ファミ通」がやはりトップで、徳間書店の「ファミマガ」と「マル勝」が後を追う状況でした 2番手か3番手かは不明ですが、トップではない雑誌の連…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LOVE ESCARATOR (PC-98)

Windowsが95の頃に、まだまだ現役で使われていたPC98シリーズ 市場が殆どWindowsに移ったにも関わらず、発売延期を繰り返した結果この時期に発売されたソフト 『ラブ・エスカレーター』 今ではジェリーフィッシュという名前の会社ですが・・・・ 発売延期が1年続くとかが普通の会社です どうやって存…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電脳学園2 ハイウェイスター (PC-98)

「電脳学園」が大ヒットしたガイナックス 制作費の回収に15年かかったという話なので、ゲーム一本で借金を返したわけではありませんが、 『利益率の高さ』からゲーム開発チームへの待遇は一変したそうです 机だけの追い出し部屋から普通の開発部屋になったという話です 『電脳学園2 ハイウェイスター』 今作では、予算が付いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電脳学園 (PC-98)

TV版エヴァンゲリオンが有名なガイナックス 「王立宇宙軍 オネアミスの翼」というアニメを作るために『一時的に』作られた会社でしたが、バンダイの出資額が多額だったことと「王立宇宙軍」の成功の為に名前が残り、参加メンバーが渋った為に解散できずに存続する事になり・・・・ 今でも会社は残ってます ちなみに、「王立宇宙軍」自体は制作費を掛け…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

PRESENCE (ノスタルジアⅡ) (PC98)

メガCDでの「ノスタルジア1907」はメガCD初期のゲームにも関わらずヒットしました 購入された方は知っていますが、セーブ機能が無く、シナリオの途中を選択して始めます そして、ある程度進めたところで「今の進行度がどれだけなのかが全くわからない」という不親切仕様 それだけ開発期間を削減して発売したわけで、成功作品となりました …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NOSTLGIA 1907 (PC98)

一本道でゲームオーバーの少ないアドヴェンチャーゲームでありながら高く評価された作品 メガCDでの発売前のPC版 『ノスタルジア1907』 今は無きシュールドウェーブ ブランド名が武尊(読みはタケル)であったため、カタログには「ブラザー工業のソフトウェア販売サービスのタケルとは一切関係ありません」と書か…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ボコスカウォーズ (PC-98)

ファミコンでも有名な、「アスキーソフトウェアコンテスト」の第1回グランプリソフト 『ボコスカウォーズ』 作者さんは、色々な事をやってる人で、芸術家や漫画家などをされています このソフト1本でどれだけ儲けたのでしょうか・・・・・ 会社やお店を開いたり閉じたり・・・ スクロールはグラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

INSIDERS 魔王ハルトンの罠 (PC98)

このゲームは当時購入したというわけでは無く、「蘇るPC-9801伝説」に収録されていて知ったソフトです 『インサイダーズ 魔王ハルトンの罠』 世界観が素晴らしい しかし難しい ゲームを起動したらこの画面 ごく普通の「MS-DOS」の画面です よく見てみると、MS-DOSのバージョンが3.10と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

SHANGRLIA 2 (PC98)

さてさて・・・エルフの高難易度SLG「シャングリラ」の続編 『シャングリラ2』 難易度が高すぎて当時どうやって進めていたのかが謎 とりあえず、クリアはしていません 高い金払って買ったのに前作同様諦めました 前作もクリアしてないのに買った目的はこの子 雑誌で紹介されていたこの女の子が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アプロス 大地の章 風の探求者編

メガCDでも発売予定だった「アプロス」 開発スタッフが独立した事によりメガCD版は開発中止となりましたが、PC98用は発売されました メディアミックスでいろいろと展開させる予定だったようですが・・・・ 『アプロス 大地の章 風の探求者編』 世界観的には、空に大陸が浮かんでる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晴れのち胸さわぎ (PC98)

「晴れのち」シリーズとなってますが、「晴れのちおおさわぎ」とはストーリー上のつながりがありません 「前作が売れたから同じようなの作った」あたりの理由かもしれませんね 『晴れのち胸さわぎ』 今作ではPC98でのみ発売されています 色数が増えてグラフィックの質が向上しています なんか98…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晴れのちおおさわぎ! (PC98)

パソコンで発売されたアダルトゲーム 「きゃんきゃんバニー」や「ピアキャロット」で有名なF&Cのゲーム 『晴れのちおおさわぎ!』 最初に遊んだ時はMSX版だった・・・ MSX以外にX68000やPC88でも発売されています 明らかに色数が少ない事もわかりますね 内容は生徒会が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Esの方程式

セガサターンで好評を得ていた「黒の断章」の続編 『Esの方程式』 中古のPCソフトショップでたまたま手にしたこのソフト 当時僕が使っていたのが「PCー9801BA3」でしたが、このソフトは「DOS/V版」も入ってます 「98全盛時代にDOS/V用のゲームを作ってたのは珍しい」・・・ではなく、同じMS-DOSなので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒の断章 (PC98)

以前にセガサターン版の紹介をしましたが、オリジナルはPC98版 こちらはこちらで趣があります 『黒の断章』 しかしまあ、遊びやすさなどはリメイク版の方が上ですね Windows版なら将来的にも大丈夫でしょう そんなグラフィックのの大幅パワーアップしたターン版の紹介はこちら 序盤のキャラ紹介…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MISTY BLUE

エニックスのPC用アドヴェンチャーゲーム 『ミスティーブルー』 古代祐三さんのファンでしたら名前を知ってる方も多いと思います 一昔前の月9ドラマのような雰囲気のストーリー この画面だけ見たらファミコンみたいですが、88シリーズ用でも出てたので 急にグラフィックが綺麗になった …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

狂った果実

さて・・このゲームが発売された当時は「沙織事件」(ぶっちゃけ内容はたいした事は無いんだが、大げさに取り上げられて業界が大迷惑してしまったという・・・)の直後でアダルトゲームのメーカー各社で『限り無く一般向け』のゲームを作っていた頃でした 『狂った果実』 フェアリーテールはホラーゲームを作りたかったのでしょうか・・・・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

サークルメイト

会社自体は「ビジュアルアーツ」の一部所なので、まだ存在しています PC98版でカルトな人気を持ったアダルトゲーム 『サークルメイト』 語られているのは「生首」 画像をスキップできないのは意図的なんでしょうけど・・・・グロ注意 98時台にポリゴンでロゴ表示です 効果があったのか無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ARCUSⅢ

ウルフチームの看板RPG第3弾 『アークス3』 遊ぶのならメガCD版がいいと思います PC版の1作目はキャラデザが全く違います そして2作目も全く違うデザイン 今作は最初からPC98版として作られたので、グラフィックの向上が見られます …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

QUARTH

コナミから発売されたシューティングパズルゲーム 『クウォース』 アーケードから始まって、ファミコンやPCにも移植されました アーケード版を少し遊んだ記憶がありますが、はまるほどの面白さでは無かったです 楽しめたのは確かですが タイトル画面はPCオリジナルだと思います アーケード版はどう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FLAPPY (PC98)

北海道のPCショップからソフトウェアメーカーになったデービーソフト PC用ソフトの発売を始めた後にファミコン向けに移植したソフトも発売しています ちなみに・・・マカダミアソフトというブランド名で発売した「177」というゲームが最も有名かもしれません 『フラッピー』 ファミコンでも発売されていますが、近年では携帯電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怨霊戦記 (PC98)

PCエンジンでもリメイクされているホラーゲーム 『怨霊戦記』 開発元はソフトスタジオWINGという会社ですが、スタジオWINGという名前に変更されています ・・・現在HPが「工事中」となってますが T98NEXTではここで止まってしまいました スクショのタイミングが合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラゴンバスター

アーケードでヒットして、ファミコンでも発売されたアクションゲーム 「ナムコミュージアム」にも収録されているので遊んだことがある人も多いでしょう 『ドラゴンバスター』 私は友人宅でファミコン版を遊んだのが最初でしたが、アーケード版はすでに入れ替わっていて、置いてある店を見つけたのはファミコン版を遊んだだいぶ後でした …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガイフレーム

NCSが送るPCシミュレーションゲーム ラングリッサーシリーズへと繋がる「エルスリード」シリーズの第3弾です ・・・・・いやまじで 『ガイフレーム』 日本コンピューターシステム株式会社 前作までと同じガイア大陸を舞台としたストーリー 「エルスリード三部作」と呼ばれ、第1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

斬 陽炎の時代

ウルフチームが頑張っていた頃の歴史シミュレーションゲーム 『斬 陽炎の時代』 「ざん かげろうのとき」と読むそうです 「かげろうのじだい」と長い間勘違いしていました オープニングですがリターンキーで飛ばせます 大河ドラマで真田幸村やってるな~ (あんまり興味ない) シ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DOME

数々のPCに移植されたシステムサコムお得意のADV 「ノベルウェアシリーズ」と銘打たれ、7作作られたシリーズの第一弾が 『DOME(ドーム)』 システムサコム自体は、PCユーザーで無ければ聞き覚えの無い人も多いと思います ですが、ゲーム開発だけ行い他社から販売された物が多く、古くはファミコンの「メルヘンヴェール」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

THE RETURN OF ISHTAR  イシターの復活

「ドルアーガの塔」の続編として、そして見るからに「二人同時プレイ専用」っぽいシステムで話題となったアーケードゲーム 話題となった割にはなかなか家庭用に移植されず、専らPC向けに移植されてきたゲームです 『イシターの復活』 PCばかりに移植されていた理由はわかりませんが、PC88・PC98・X68000・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

THEXDER

変形可能なロボットで迷路の中を彷徨うシューティングゲーム 『テグザー』 ゲームアーツの初期の人気ゲームです 海外のPC(APPLE][やIBMPCだけじゃなくマッキントッシュにまで)にも移植されるほど高く評価されていました 印象としてわかるのは、狙いを付けなくてもいい手軽さ キーボー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ARCUS Ⅱ

ウルフチームの展開するセイクリッドファンタジーシリーズ 特徴的なシステムが評価され、2作目が作られました 『アークスⅡ』 遊ぶのならメガCD版がいいと思います レベルの概念が無いのは前作同様 武器防具の購入もやはりありません PC98版はX68版と同様に後発だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more