テーマ:PC-98

エンディングを見てみたい Esの方程式 (PC-98)  その8

スタッフロールの後です 『Esの方程式』 画像が・・・希の下着画像なので載せられない 正直・・・最初は「サービスシーン」だと思ってました 今まで無かった希のシーンなので・・・ 希の温もりを感じて、「人の魂は腹にある」という鵺野の言葉について考える重要なシー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

エンディングを見てみたい Esの方程式 (PC-98)  その7

思ってたより陰洲升村編が短かった 『Esの方程式』 資料館に2回行ってたと思ってたんだけど、1回で終わってた 黒の断章で、図書館に2回行ってるので混同してたんでしょうね 現代編の明日香は陰洲升村で登場 高校時代よりキレイになってます 過去編のおさらいを …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンディングを見てみたい Esの方程式 (PC-98)  その6

終盤に入ったぞ 『Esの方程式』 現代編で鵺野が登場 物語の核心へ 鵺野には「雲頭様が憑いている」 何かが「憑く」というのはどういうものなのか 「狐が憑くのは日本人だけ」欧米では「悪魔が憑く」となる ちなみに・・・過去に外国人で婦女暴行の常習犯が日本でも女児に対す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンディングを見てみたい Esの方程式 (PC-98)  その5

アダルトシーンが当然ある そしてもちろん載せられない 『Esの方程式』 短いようで長い 思ってたよりも長かった 双子の18禁シーンをすっ飛ばして、草薙君の思案の中 山崎女史は草薙君を呼び出しましたが、依頼の話をせずに自殺した 「何の用で呼び出したかが不明」ということに気づきました …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンディングを見てみたい Esの方程式 (PC-98)  その4

う~ん・・・事件シーンの画像が載せにくい だって裸だもん 『Esの方程式』 エロさは全く無いけど でもグロくはある 死体の検分の結果、「自殺は間違い無い」とのこと でもあまりにも「おかしい」ため、草薙から事情を聞くという ためらい傷が全く無い 生きてる間中全く力を緩めず繰り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンディングを見てみたい Esの方程式 (PC-98)  その3

ああ!!!・・・・ 今頃になって気がついた・・・・Win版持ってるんだからWin版でもいいじゃん Windows10で動かないならVMWareの古いWindowsで動かしても良いし 『Esの方程式』 使ってるグラフィックもDOS版と同じ画像だから違いが無いんだよな~ 悩んでいたサウンド関係の問題…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

エンディングを見てみたい Esの方程式 (PC-98)  その2

サウンド関係が・・・・ピーっと鳴ったままとか DCのビジュアルメモリかよ 『Esの方程式』 18禁ならではの・・・(儀典・女神転生は一般だったのにグロかったけど)・・グロもあり 『鵺野』という男 もちろんストーリーの最重要人物 そしてこの回想部分で語…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンディングを見てみたい Esの方程式 (PC-98)  その1

黒の断章をクリアしたので続編へ 『Esの方程式』 あれ・・・タイトル画面が・・・ とりあえず事件の象徴でもある「踏切」の画像で こっちは・・・ゲーム開始時の画像選択の画面です モニター用とモノクロ液晶用の選択 カラーモニターでモノクロ用を選択すると、色使いが凄い画像になります …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

エンディングを見てみたい 黒の断章 (PC-98)  その9

クリアはできた ・・・・できたことはできた 『黒の断章』 結末を忘れていた人の結末も思い出せました カール君が怪しいことがわかりました 一応・・・敵じゃ無いから 98版は18禁なので 朝になりました さらに、地下室から地下への入り…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

エンディングを見てみたい 黒の断章 (PC-98)  その8

あ~・・・こういう流れだったか・・・ 『黒の断章』 なんかうっすら覚えがある・・・ パーキンス保安官の来訪 おじいちゃんが亡くなられました 死因は心不全 言われてみればそんな流れだったような 明日香の部屋に行くと、丁度起きたところ そしておじいち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

エンディングを見てみたい 黒の断章 (PC-98)  その7

アメリカ編のメンバー・・・最後を憶えてない奴が何人か 『黒の断章』 前回は神父と会ったところで・・・ 宗教観の話をいろいろと語っていました こんな感じで怪しさが出てくるのですが、正直なところストーリー的にはたいして重要では無いという 宿に帰ると他の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンディングを見てみたい 黒の断章 (PC-98)  その6

アメリカ編に突入だ 『黒の断章』 セガサターン版では英語が中心でしたが・・・・ 全て日本語の文字です(当たり前) 冷静に考えたら・・・字幕が全部日本語なら英語で収録する必要も無かったのでは・・・・ 「人工失楽園」を遊びたかった 凉﨑の記憶にある「事件のあった館」につくと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンディングを見てみたい 黒の断章 (PC-98)  その5

・・・希の18禁シーンは無かったけど画像はあった・・・・ 『黒の断章』 ・・・98版を手に入れたとしても・・・フロッピーが死んでいる可能性が高い 弁当箱さんに画像を送って「大人のダンボールハウス」に載せて貰うとか?(さすがにそいつは迷惑だろう) 聞き込みから再開です …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

エンディングを見てみたい 黒の断章 (PC-98)  その4

アメリカ編まで行きたかったんだけどな・・・ 『黒の断章』 蛭田の部屋に潜入あたりはあっさり終わったんだけど・・・ 特に停まることも無くあっさり潜入 いろいろな部屋をまわって探索 途中で希の盗撮写真を見つけます・・・・ ボーナスディスクに入ってたかなぁ? 場所が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンディングを見てみたい 黒の断章 (PC-98)  その3

順調に進むようになってきた 『黒の断章』 会話するだけで勝手に場面切り替えとか テンポが良くなるのはありがたい 飛び降りしようとした希 「警察に知らせないで」という遙 希が目を覚ましましたが、一言もしゃべりません 「声が出ない」ということが発覚しました 草薙君はれっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

エンディングを見てみたい 黒の断章 (PC-98)  その2

やっぱりT98NEXTでは停まるようです 『黒の断章』 相性の問題ですので仕方無いですね 設定いじってもダメでした 明日香を助けた後、女子大生について追求される グラフィックがNekoプロジェクトの方が綺麗に表示されます どういう処理をしてるのかわかりませんが、アンチエイリアスが掛…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

エンディングを見てみたい 黒の断章 (PC-98)  その1

なんとなくだが・・・挑戦したいと思った 『黒の断章』 じつは・・・98版は買っただけでクリアしていない サターン版を購入した後で入手しただけ ・・・・続編の「Esの方程式」を、シリーズ物と知らずに購入 作中で「前作があった」とほのめかされていて、「アボガドパワーズ」のゲームを探すも見つか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ドラゴンアイズ  (PC98)

ブランド名は「GAMEテクノポリス」 フェアリーテールの開発で徳間書店からの発売です 『ドラゴンアイズ』 グラフィックの雰囲気からわかるように、間違いなくフェアリーテールの開発です 私はテクノポリスの読者では無かったので、漫画が先かゲームが先なのかがわからないのですが、テクノポリス本誌で漫画が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

闘神都市 (PC-98)

アリスソフトの大人気シリーズのひとつ 『闘神都市』 アリスソフトはちゃんと、「遊んでて面白い」ゲームを作ることで有名な会社です アイデアの時点でさすがです 方針的に「アダルトゲーム」を前提にしていて、家庭用機に移植しにくいゲームを作るのが特徴の会社です 『ママトト』などは、ゲームとしても面白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インサイダーズ・ネットワークの冒険  イヴがいない

「インサイダーズ」というタイトルでわかるように、「インサイダーズ 魔王ハルトンの罠」の続編となります 前作に比べてグラフィックが格段にパワーアップしています 前作は「アップルⅡ」がモデルでしたが、今作では「Macintosh」がモデルになってます 『インサイダーズ・ネットワークの冒険  イヴがいない』 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お嬢様くらぶ (PC-98)

ゲーム関連出版社で有名な徳間書店 2000年頃に経営危機となり、2006年に会社解体となり新しく起こした「徳間書店」に事業譲渡されて再建されています (計画倒産みたいな形になってますが、『債務整理』というきちんとした手法です) その、徳間書店のゲーム関連の出版子会社は「徳間書店インターメディア」という名で「ファミリーコンピュー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Vain Dream (PC-98)

グローディアという会社の代表作は、「サバッシュ」か「エメラルドドラゴン」になるのですが、PC88版とPC98版は「バショウハウス」という会社からの販売です これは、バショウハウスは流通・販売会社で、当時のグローディアは同人状態で個人事業主ですらなかったからです (一応連絡先はバショウハウスの住所でしたが、社員にもバイトにもなってなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦国TURB (PC-98)

当然の如くドリームキャストで発売されたバージョンの方が有名なのですが オリジナルのPCー98バージョンは、今でもVectorで配布されています 『戦国TURB』 ドリームキャスト版は初期のソフトですが、シュールな世界観が評価されてじわじわと売り上げを伸ばしてファンディスクも作られました ファミ通を読んでいた人には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PSY-O-BLADE (PC-98)

PCゲームの老舗T&Eソフトが作ったSFアドヴェンチャー メガドライブにも移植されました 『サイオブレード』 大昔で内容を覚えていませんが、メガドライブ版はクリアしています そんな、内容がカットされたメガドライブ版の紹介はこちら 「T&Eソフト」は紆余曲折の上にドワンゴの子会社となってましたが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

儀典・女神転生 (PC-98)

MSーDOS版の発売は1997年 確かに私がまだ大学生だったころですね その頃の「グッドウィル」(名古屋のPC販売会社)は、地下鉄上前津駅の中に支店を作ったりと、Windows95の発売もあり全盛期でした (地下鉄駅内の店は3ヶ月くらいで閉店でした) 当時の私はPCソフトの発売日とかを気にしておらず、だいぶ前に発表されていたソフ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Photo Genic (PC-98)

セガサターンで色数を増やして発売されてるのですが・・・・・ セガサターン版を持ってないのでPC98版(当時の購入価格が380円) サン電子の 『フォトジェニック』 色数はともかく解像度ならPC-98版の方が高い 日本一ソフトウェアは、サン電子のスタッフが独立してできた会社です ゲー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Lenam (PC-98)

株式会社ヘルツという会社が昔ありました 私が知ったのは、MSX2でこのゲームを友人から借りたからです 友人の感想は、「戦闘ばっかで面倒くさい」というものでした サンリツ電気のゲーム部門が独立し、「シムス」という会社名でメガドライブのゲームを何作か作ってますが 元社員の書き込みによると、すべてヘルツが下請けしていたそうです …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

STAR CRUISER (PC-98)

今は無きアルシス ソフトウェア 東京への移転にともないサイバーヘッドと社名を変えて、セガに請われてセガサターンへ参入 当時の状況的にソフト開発ができる状態では無く、一本も作ってません その当時の活動はSCEの「グランツーリスモチーム(後の「ポリフォニーデジタル」)と共同で「グランツーリスモ」を作っていました そんなアルシスソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

殺しのドレス (PC-98)

『windows10 anniversary update』 不具合がきついです 1. 標準のアップデートからでは『失敗』して再起動ループ    失敗なのでアプデ前に戻るのですが、Win10の標準では停める手段が無いので再びアプデで無限ループです    停める方法は「ツールをダウンロードして、アップデートしないように選択する」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FreeDOS

ゲーム機系の紹介が殆ど終わってしまい、PC-98の紹介をしているわけですが、知らない間に大きなできごとが起こってました 「FreeDOSでハードディスクのフォーマットができるようになりました」 『FreeDOS』 MS-DOSの互換OSです たいていのソフトは動くのですが、PC-98使っていたのは殆ど日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more