テーマ:ハードウェア

ATARI 2600

有名なのですがよく知らないゲーム機 『ATARI 2600』 Wikipediaの画像から 「Video Computer System」という名前が付いていた為、「ATARI VCS」という通称で呼ばれていました 「2600って何?型式番号?」とか思うと思いますが・・・ 1977年に「ATAR…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

スーパーファミコン

持ってないから記事を書かなかったのですが、「持ってないハード」にも手を出したので 『スーパーファミコン』 スーパーファミコン(本体) たった今知った事実 「スーパーファミリーコンピュータ」と思い込んでました 間抜けな話ですが・・・20年以上の勘違い 印象に残ってることで、発表から発売までかなり時間…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

バーチャルボーイ

ハードオフに置いてあるのをみつけたので・・・・ 『バーチャルボーイ』 他に「初期型LYNX」も置いてあった バーチャルボーイ (本体) 【バーチャルボーイ】 任天堂のホームページでも紹介されています ソフトは全部で28本しか発売されていません 正直なところ・・・遊んだことが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

EPoX 6A815EPD  (マザーボード)

思い出のマザーボード 『EPoX 6A815EPD』 まだ取扱会社の画像が残ってた・・・ 当然在庫は残ってませんが・・・ 私が購入した3枚目のマザーボードです (最初はFICの「PA2012」,2番目がASUSの「CUBX」) 見ての通りのデュアルCPUマザー チップセットが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Pentium Pro

32BitOSに合わせて作られた32BitCPU 『Pentium Pro』 インテルPentium Proチップ200 MHz CPU 66 MHz 387ピンソケット8 kb80521ex200 sy032 256 K 登場が早すぎたのかもしれな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Intel 740  (グラフィックチップ)

実は、CPUメーカーのIntelは、グラフィックチップを作っていたこともあるんです 『Intel 740』 ASCIIの記事 PCWacthの記事 ある日突然「インテルがグラフィックアクセラレーションチップを作る」と発表されました 理由は不明ですが、CPU最大手で、資金力も実績もあるインテルのグラフ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Geforce256

NVIDIA社による時代を席巻したグラフィックカード 『Geforce256』 NVIDIA – NVIDIA 32 MB AGP VGAビデオカードgeforce-256 – 32 MB SGRAM nv990.0 DDR –&nb…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

TEKRAM DC-395U  (SCSIカード)

アダプテックのSCSIインターフェイスカードと並んで有名なSCSIカードを作っていたメーカー 『テクラム』 DC-315U Ultra SCSI Host Adapter アダプテックと違って、コントローラーチップは別のメーカーのチップ(SYMBIOSという会社で今はLSI LOGIC)を使うことで安く価格を抑…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

AMD Athlon64 X2

自作PCのCPUはデュアルにしたいという拘りで、「Athlon MP」にしていましたが・・・・・ 性能良かったんですよ、音楽聴きながら書類作ったりしてても全然もたつかないし・・・ でも・・・ファンの音がうるさかった 『Athlon64 X2』 AMD Athlon 64 x2 5600 + 2.9 GHz…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ACARD ANS-9010

昔使っていたハードウェア 今でも中古なり売れ残りなりが流通してるようですね 『ANS-9010』 ACARD RAMディスク ANS-9010B 「B」タイプは私が使っていた物です RAMドライブと呼ばれる製品で、DDR2ーRAMを複数さしてハードディスクのように扱う製品です 当然・・・ご想像の通りに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コナー・ペリフェラル HDD

いろんなPCパーツの記事を書いてきましたが・・・ とうとうHDDにまで 『コナー・ペリフェラル』 最初に買った98用のHDDがコナーのHDDを使ってました Seagate BarraCuda 3.5" 4TB 内蔵ハードディスク HDD 2年保証 6Gb/s 256MB 5400rpm …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TRIDENT  GR-DRV(IO-DATA)

まだIO-DATに紹介ページが残ってた 「Vay」の攻略ですが・・・装備揃えたりして全然進んでいません ダーネック城で奮闘中です ゴッドブレイド三本入手しました 『GR-DRV/98』 https://www.iodata.jp/products/graphics/gadrv98.htm …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Transmeta Crusoe

Linuxの開発者、リーナス・トーバル氏が在籍したことも話題となった、トランスメタ社のx86互換CPU 『Crusoe』 ASCIIの記事 https://ascii.jp/elem/000/000/754/754950/ 瞬間最大風速はかなり凄く、PC系雑誌ではかなり期待されている記事が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

YAMAHA YMF724

今年最後の記事は・・・あえてゲームを避ける!! (特に理由は無い) 『YMF 724』 音楽楽器メーカーのYAMAHA 歴代セガハードの音源チップを担当し続け、ドリームキャストではGD-ROMというディスクドライブまで担当したのがYAMAHAです PC Watchの記事 https:/…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

RiSE mP6 (CPU)

1999年に突如発表された86互換CPU 『RiSE mP6』 事前情報が全く無く、突然発表・・・というか、発売されたCPUです PC-Watchの記事 https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/990403/mp6.html Riseは突然現…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

SpursEngine  (動画エンコードカード)

一般の新聞でも一面記事で扱われた、PS3用プロセッサへの投資 2001年に提携が発表され、新規に工場をつくることまで発表されました (投資額覚えてないや) 『SpursEngine』 Canopus 超速度・超解像エンコード&ハイビジョン編集・ブルーレイ作成アクセラレータ FIRECODER …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ONKYO WAVIO SEー150PCI

種類の多いグラボが必然的に多くなるのですが、サウンドカードにも 『SE-150PCI』 ONKYO SE-150PCI WAVIO PCIデジタルオーディオボード サポートが終わってしまい、Windows10環境ではドライバがありませんが・・・・Win7用はサポートされています 10でも動くんじゃないかな …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

IDT WinChip

IDTという会社が販売していたX86互換のCPU 以前に紹介したCyrixと同様にインテルの「Pentium」シリーズの互換CPUとなります 『WinChip』 Articles on Via Technologies, Including: Via C3, Via C7, Via Corefusion, Cyri…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

プロサイド Trinosaur

捜していたPC用パーツをやっと見つけました メディアボード『トリノソア』 ASCIIの記事です https://ascii.jp/elem/000/000/302/302365/ AMAZONで売ってれば画像貼れるのに PCIのボードしか無いと思ってましたが、AGPのボードもあったのですね 1…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

PowerVR

「Voodoo」を紹介したので・・・ 『PowerVR』 画像が見つからなかった・・・ 特徴としては、「Zバッファ」という奥行きの表現を使わないところ 「見える手前の物だけを表現する」ということで、少ないメモリでの描画ができます 「PowerSGL」という専用のAPIを使えば高速で綺麗な描画がで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3Dfx Voodoo

違うことを書きたくなった・・・ 1994年に突如現れたPCグラフィックスの会社3Dfx Interactive CGワークステーションの会社であるシリコングラフィックスからの独立組だそうです 1996年にその会社が作ったグラフィックボードが最初の製品が発売後に一斉を風靡しました 『3Dfx Voodoo』 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

SUPER32X

北米でのセガの市場をつぶした名機 『SUPER32X』 元々は任天堂の64と同様に、セガもカートリッジ機での次世代機を計画していました その中でSOA(セガ・オブ・アメリカ)が、「せっかくジェネシスがシェアを取ったのにやり直すのは嫌だ」と主張をし、ジェネシスのオプションとして拡張機を出すことになりました その流れ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

PCエンジンSUPER GRAFX

PCエンジンが発売されて2年後に発売されたPCエンジンの上位互換機 『PCエンジン スーパーグラフィックス』 PCエンジンが1987年の10月、PCエンジンSGは1989年の11月の発売でした PCエンジン スーパーグラフィックス本体 【PCエンジン】 う~ん・・・・正直なところ、なんで作ったのかが疑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ATI RAGE

2006年にAMDに買収されたカナダの企業ATI Technology DOS時代に綺麗な発色と表示速度が高く評価され、NECのPC98シリーズにも採用された「Mach」シリーズで有名ビデオカードメーカーとなりました 3D表示時代となり、現在も続くRadeonシリーズの前の製品 『ATI RAGE』 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

PCEngine CD-ROM2  

家庭用ゲーム機初のCDーROMシステム 『PCEngine CD-ROM2』 CD・ROM ROM システム 【PCエンジン】NEC 1997-01-01 Amazonアソシエイト 初期の物はCDプレイヤーと、インタフェースユニットが別売りでした 理由は当時は物品税があり、少しでも値段を下げるためにC…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

MSX

バイトができるようになった高校生の頃 ゲーマー友人Wが「中古ショップでMSX2+が2万で売ってる」という情報を持ってきました 最初は興味は無かったのですが・・・・「エメラルドドラゴンが遊べるしな~」ということで買ってみました 『MSX』 MSX 本体 パナソニック FS-A1 mk2Amazonアソシエイ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

Sound Blaster

久々にハードの解説を DOS/Vの標準サウンドカード 『Sound Blaster』 PC98の標準サウンドカードは「86音源」 ではDOS/Vはとなると「サウンドブラスター」 元々はAd Libという会社のFM音源カードがデファクトスタンダードだったのですが、互換音源としてPCM音源を載せた結…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

PCーEngine

もしかしたらどこかで書いたかもしれませんが・・・・ 私が最初に購入したゲームハード 『PC-エンジン』 ハドソンの社内スタッフが「大きいキャラを動かしたい」とか高性能なハードを希望する声があがり、一方でCD媒体を研究していたNECとの思惑が一致したため、NEC子会社のNECホームエレクトロニクスでの発売となりました…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

サーバー機を買い換えた!!!

さて・・・・前のサーバー機は何時買ったのかな・・・・ おそらくARKの通販で買ったと思うのですが、何時までかは記憶にありません 購入できる時期なんて限られてるので、発売した2009年から1年程度で店頭から無くなると思いますが 新しく買ったのはベアボーン機です 『Shuttle DS68U』 というPCですが、小型機は目…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more