無料のWEBアプリ

前回はセキュリティソフトを紹介しましたが、他のフリーソフトなんかは結局有名どころになるので・・・
僕はディスクトレイ開閉ソフトやRAMディスク、ランチャー等を使ってますが、それこそメジャー処で充分でしょう
RAMディスクの速度なんか普通の人はわからないだろうし


で、マイクロソフトオフィスの無料版の紹介です
ただし、オンライン用ですが・・・・


私が使ってるOFFICEはなんと・・・・2000です
使ってるのはワードとエクセルだけなんですが・・・・なぜかアクセスも別で買ったのが残ってますけど
あの頃に比べたらソフトもだいぶ安くなりました

しかしまぁ
それでもまだ高い買い物ですし、2000で何も困ってません
困ってるのはワードで行頭がいつもずれて、見栄えが悪いことだけです
(なんでこんな変な仕様になってるんですかね・・・・アメリカ人は行のはじめがデコボコしてる方が好きなんでしょうか)
というわけで、私は3.1の頃からテキストエディタで文章を書き、ワードにコピペして印刷してます
そう・・・印刷するだけとか写真を貼り付けるとかのワープロではなくDTPソフト

そして困ったことに、世の中には「ワードのファイルで送って」という人もいるのです・・・・
某自営業者勉強会に参加してた時は怒鳴り合いになりました
文字だけなので誰でも読めるようにTXTファイルで送ったら「お前は常識がないのか」
当時はネットも従量課金の時代なのでZIPで送ったら「壊れたファイルを送るな」
終いには「何度言ったらわかるんだ!お前のPCからNETSKYのウィルスメールが送られてきてるんだよ!ちゃんとワクチンソフトを使え」
ウィルススキャン結果のスクリーンショットを何度送ったことか
それで結局辞めましたけど
従量制時代にドラッグ&ドロップで写真を貼り付けた4メガのワードファイル送りつけてくるだけある団体だったよ
(ワードはD&Dで画像を貼ると無圧縮。挿入で貼ると圧縮してかなりサイズが変わる)


見るだけならビューアーもありますが
Word Viewer    http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=4
Excel Viewer    http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=10


こちらのWEBアプリは
マイクロソフト アカウントがあれば誰でも無料で使えます
そして、OneDrive(旧SkyDrive)は便利なので使って損は無いと思います

アクセスするサイトはMS Office.com
サインインすると・・・・Outlookの画面になります
(つかわね~・・・)

画像



で、画面上部のタイトル部分をクリックすると

画像


とメニューが出てきます
私は使いませんが、パワーポイントもワンノートもあります

で、ワードを選べば


画像


このように、人によっては見慣れたリボンメニューのワードが

で、ここで注意ですが、このオンライン版
開くことのできるファイルはOneDriveの中の物だけです


画像


こちらの「ドキュメント」フォルダがデフォルトになってます
もちろんOneDriveの中ならフォルダ移動で他のフォルダのファイルも開くことができます


画像


エクセルも同様

そして印刷ですが、基本PDFファイルで出力されます
(XPSじゃなくて良かったw)
出力されたファイルは勝手にPDFと関連づけしたソフトで開くので(開かなければダウンロードになるのでそこから自力で)
そのまま印刷へ
また、PCのワードやエクセルで開くこともできます
・・・・その場合はオンラインで編集する必要性に疑問を感じますが・・・・
普通に印刷をクリックでプリンターが動くわけではないので、そこだけ注意です


2000でもまだ使ううえで問題を感じないし、買うよりは手っ取り早いし懐にも優しいかと

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック