H.E.R.O.

アクティビジョンのPCゲームからの移植作
H.E.R.O.』(ヒーロー)
麻倉未稀 1984年11月5日発売 「スクールウォーズ」の主題歌として有名です


画像


ボニー・タイラーの「Holding Out for a Hero」の日本語カバーですね
「フットルース」という映画の挿入歌でした
そして麻倉未稀の日本語カバーをさらに大黒摩季がカバーしたものが映画版「スクールウォーズ」の主題歌と・・・


画像


スタート直後に壁がある


画像


ダイナマイトで壊すわけだが、設置後に離れないとボンバーマンになります
ちゃんと爆風の届かない位置(わからないので適当に)まで離れましょう


画像


奥に進むと引き籠もってノートPCでソシャゲをやってる人がいるので


画像


無理矢理連れ出しましょう


画像


先の面では運が悪いと明かりが消えたりしますが


画像


敵モンスターがいるよりはましです


単純なのでそれなりの面白さはあるんですが・・・・・
思いっきり憶えゲーなので憶えてしまったら飽きます

問題点は、下に進む穴に入ったときが「敵モンスター」「ランタン破壊」「何も無し」の3つのうちのどれかになってること
「何も無し」なら邪魔モンスターを倒して先に進み3つのうちのどれか
推測する要素は全く無しで、初プレイなら運任せ

トラップ回避ができればゲーム性もあがるんでしょうけど


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

この記事へのコメント

コメント
2014年06月27日 23:05
敵だけじゃなくステージが進むといきなり真下に溶岩があったりして即座にミス→ゲームオーバーになったりする。うまく避ければいいけど。
グラフィックとかサウンドも良くて面白いと言えば面白いけど、ダイナマイトで自爆するのが厳しすぎるという感じ。
2014年06月28日 12:40
個人的に運任せというのがちょっと・・・
もう少しゲーム性をなんとかして欲しかったところ

この記事へのトラックバック