LAST ALIVE

NTT西日本が応対をしてくれない・・・
最初は電話オプションの「ボイスワープ」の件
申し込みと一緒に確認をCLUBーNTTWの「各種お手続き・お問い合わせ」から問い合わせをしたら、
返事は「『116』で聞いてください」

しばらく後に「フレッツ光・隼」のセールスマンが来て、「CTUやVOIPアダプタがひとつにまとまりますよ」と
「有料でいいから電話線の配線してくれるか、業者紹介してくれるのなら契約する」と答えたら
「そういうサービスはやっていない」という返答
後にNTT東日本では「8000円の追加料金でやってる」というネットでのコメントがあったので、フレッツ光隼の問い合わせ番号に電話したところ
「工事に関しては『116』で聞いてくださいこの番号はフレッツ光隼のみの担当です」
とのこと
後に、コジマにいたNTT西日本の人に聞いたところ、「NTT東日本は別の会社。西日本では、配線業者の紹介も仲介も一切行っていません。配線工事は自分で業者を探すか自力で行うかしてください」とのこと
質問内容は解決したのでまだよかった

で、今回は「国際電話遮断サービス」CTUのIDとPASSを入手して、他人の回線で国際電話を掛けるという事件が多発してるとのこと
電話会社で「国際電話を使わないなら遮断することができます」というサービス
手続き用のアドレスにメールを送ったら
「『116』で申し込んでください」
・・・このアドレスはいったい何のアドレスだったんでしょう

全部『116』に回されるんですが、『116』って基本話し中なんですよ
おそらく全部の窓口が『116』に回してるから人が集中してるんでしょうね
「ボイスワープ」の件でも「国際電話遮断」の件でも、『窓口』というか「このアドレスにどうぞ」と書いてあるアドレスが、「116に問い合わせ直してください」と返事を返してる

7年ほど前の引っ越しの時には、男性だったのですが、こちらの不手際にも関わらず親切な対応をしていただいたのに
いまでは問い合わせることすらできないという・・・・
コスト削減の影響でしょうけど・・・・
他の電話会社は問い合わせが繋がるだけでもNTT西日本を越えることができますね
「116」は何時掛けても話し中



NTT西日本の返信メールにむかついたので愚痴ったところで

ワンダースワンの「ノベルシアター」第4弾

ラストアライブ


今までのシリーズが「ホラー」がテーマだったのに対し、今作では「サスペンス」がテーマです
そしてノベルシアターの最終作品でもあります


画像


「最後の生存者」あたりの意味になるのかな


画像


南の島から始まってサバイバル


画像


画像


この目が疲れるフォントですが、携帯機の小さな画面でみたらアンチエイリアスが効いて、それなりに読みやすくなってます
エミュレーターで画面を拡大してるからぼやけてます
等倍で表示したら読みやすいですが、もの凄く画面が小さい


画像


今回は俳優を使って写真を使用
・・・・イラストでいいのですが・・・


画像


いや!、実写でOK
中途半端な兄ちゃんじゃなくこのオッサンの時点でOK


画像


画像


画像


というわけで、豪華客船で結婚式を挙げるそうな

実写とイラストが混じると違和感があります
そこら辺は予算なのでしょうけど


画像


幸せそうですが、ストーリーの性質上「爆発しろ」とは言わなくてすむ


画像


「絶対だからな!いいか!絶対だぞ!!」までちゃんと付けましょう


画像


役者が誰かはわからんが、女子高生役


画像


政情不安な地域だったのが、停戦により安定したので観光地になった、という設定です
日本へ向かう豪華客船のコースなので、その船に乗り結婚式を挙げようというのが友人の企画
女子高生は、金持ち学校で修学旅行に来ていて帰国が同じ豪華客船
テロリストがシージャックしたら船が難破して、沈みゆく中脱出へ頑張るという話です

面白い話なのですが、序盤が全部同じなのでスキップできたらな
という感想が多かったです



ラスト アライブ WSC 【ワンダースワン】
バンダイ
2001-07-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラスト アライブ WSC 【ワンダースワン】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック