北斗の拳  (3DNes)

東映動画から発売された、ファミコン版


北斗の拳


マーク3版は評価が高かったのですが、ファミコン版はどうでしょう
操作方法は同じでパンチとキックのボタンでジャンプは上ボタン

当時のセガファンの間では絶賛されたマーク3版の紹介はこちら

(今遊んだら・・・)



画像


やってることは両機種で殆ど同じはずなんですけどね


画像


背景壊れすぎ


画像


敵を倒すときに数発いれなければなりません
・・・マーク3版だと一発だったんですけどね


画像


そんなに多いわけではないのですが、数体の敵が出てきます


画像


画像


ピンク色の敵を倒すと「あべし」が出てきます


画像


色々と飛び道具が飛び交うようになってきます


ステージが迷路形式になっていて、扉の前でボタン+上を押さないと、先に進めません
メガドライブの北斗の拳2でもそうなのですが、迷路システムが面白いゲームじゃないんですよね・・・・
先に進むのが面倒くさくなってしまうようなシステムでは残念です
普通に進んだ先にボスがいるだけでよかったと思います


さて、世間ではマーク3版の方が面白いように言われていますが、実際はファミコン版は100万本越えの大ヒットゲームです


北斗の拳
東映動画
1986-08-10

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 北斗の拳 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

道産子エンジン
2017年07月21日 08:24
アタタタタタタ!!

あれあれあれあれ♪

バシューン…ピロリーン♪

効果音はがんばっていましたよねw
2017年07月22日 18:29
歴代のセガ機は音質が悪いんですよね
FM音源使ってても、音が綺麗というわけでも無いから・・・(安い部品使ってるから)

敵は一撃の方が気持ちいいですよね
迷路要素もやっぱり要らないです

この記事へのトラックバック