てんたま 1st Sunny side  (DC)

KIDの「見習い天使」シリーズの第一弾


てんたま 1st Sunny side


ストーリーを重視した恋愛アドベンチャーシリーズですが、KIDの末期でもあり「Memories Off」のように会社の柱にまではなりませんでした


画像


画像


KIDは2006年に倒産となりました
引き継いだサイバーフロントも、赤字運営だったため2013年に解散となりました(親会社は加賀電子)
「Memories Off」に関しては5pb.が権利を持ってるのですが、他のゲームに関しては不明です


画像


女の子の視点からゲームスタート


画像


VM画面はこの状態
はたして・・・この物体は・・・・


画像


キャラクターデザインは 松尾ゆきひろ さんという方らしい


画像


視点が変な気がする


画像


画像


事情がわからないまま話が進むわけだが・・・・


画像


彼が出てきてようやく主人公が判明します
説明書を読まないと、登場人物の誰が主人公かわかりません


画像


というわけで女の子と仲良くなりました


画像


画像


というわけで、女の子から告白されて、交際が始まります


画像


とりあえず・・・主人公のヤンキーのようなグラフィックを変えた方が良かったのでは・・・


画像


もうちょっと主人公を優しげに描いて欲しかった


本作のヒットにより、Windows版もPS2版も発売されました
完全版はPS2版です
シリーズ物としては、続編が1作、外伝が1作、同じ世界観の関連作が1作となってます


てんたま-1st Sunnyside-
キッド
2001-10-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by てんたま-1st Sunnyside- の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




てんたま 1st Sunny Side 設定解説ファンブック
ローカス
STUDIO‐M

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by てんたま 1st Sunny Side 設定解説ファンブック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




てんたま -1st Sunny Side-
キッド
2003-10-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by てんたま -1st Sunny Side- の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

道産子エンジン
2017年10月22日 12:50
てんたま…
どうしても、押井守の「天使のたまご」が頭に浮かびますね。

と言っても、その押井さんの作品は名前を知っているだけで見たことはないのですがw

この頃に流行った顔の半分近くある目の大きなキャラは苦手でした…
アンチではないですけど、アキハバラ電脳組の人気ぶりを見ていて、
「どこに惹かれるんだろう。今の、流行りにはついていけん😵」と、当時はそれに混じれないことにコンプレックスを感じましたw
2017年10月22日 13:57
一見すると普通なんですが、よくよく見ると「目がデカいな~」なんですよね
漫画家の都築和彦さんの絵が最初の方かな
アキハバラ電脳組はアニメは全然見てませんでしたが・・・
韓国に発注した動画のデキが酷くて、全部作り直しになり、放送の作画が酷く、DVDでは再び位置から作り直しで、『金や時間を無駄にしただけだった』という話を聞いています
後に山本寛氏が「上手くコミュニケーションを取れば失敗しない」と言って「フラクタル」というアニメを作った時は、やっぱり同じ状態だったとか
「韓国が信用できるかどうかというより、『値段相応の仕事をしてるだけ』とも言える」と誰かがインタビューで言ってましたけどね
道産子エンジン
2017年10月22日 20:40
なかなか面白い話しですねw
山本寛さん(ゆたか・山本弘と間違えましたw)、海外発注で苦労した業界人がいたんですね。勉強になりました。
海外に下請けを出して思い通りの作画が返って来なかった話しは他にも聞いた事がありますが、一応、タツノコの作品にロベルトフェラーリという日本受けする、タツノコをリスペクトしたアニメーター職人がいる事を記しておきますw

そして都築和彦さん…久しぶりに聞きましたね、その名前w
自分が初めて見た時は、猫耳の女の子をCGで描く絵描きさんだと思っていましたが、なになに…元はファルコムの社員だったそうで…

懐かしいやら新たな発見やらで楽しいコメントでした。
通りすがり
2017年10月22日 22:06
PS2ではDC版アッパーで移植。
2も出てた。
両方とも買ったけどいまだ未プレイだw
(DC版も買ってるし・・・)

目デカいキャラといえばKEYゲーのクラナドやAIRが連想されるけど絵描きさん、いつの間にやら社内リストラ状態(飽きられて)になったそうで
2017年10月22日 22:19
>道産子エンジン さんへ

都築和彦さんは、かなり早くからCGで絵を描いてましたね
「Oh .X」の記事では、作画ツールも自作とのことでした
最近何描いてるのか全然知りませんけど
2017年10月22日 22:24
>通りすがり さんへ

PS2のは持ってないので、内容は知らないんですが、同じ世界のゲームが数本でているそうですね
樋上いたるさんは・・・今は退社してフリーになり、「仕事が無い」とTwitterで呟いてるのが話題になってました
KEYのゲームは個人的には絵よりも内容の方が・・・
「都合のいい奇跡」が嫌いなのです
アニメの「Clanad」をながらで見てましたが、せっかく親父と和解して立ち直ったのに、奇跡で時間が巻き戻った最終回でびっくりでした
「主人公が頑張った意味がね~」と・・・都合の良い奇跡は予想してたんですが、規模が予想以上でした
塩味
2017年10月23日 17:13
クラナドについて簡単に解説するぜ!

そもそもあのラストはプレイヤー=主人公であるゲームでないと成立しない仕掛けで、プレイヤーがゲームに干渉(それがメッセージ送りだけだとしても)した結果奇跡が起こった。つまり自分が奇跡を起こしてキャラクターを救った事を無意識に感じさせるから(仕掛けがはまった人は)感動するしクラナドは人生だと言う。

これがアニメになると大前提のプレイヤー=主人公が崩れてしまいラストが意味不明となり作品として成立しなくなってしまう。それこそ奇跡的な演出で視聴者=主人公を可能としない限りアニメ化は失敗(原作のやろうとしていたことを別媒体で表現するという意味で)が決まっていたと言っていい。何これ?と思われるのもしょうがないね。
2017年10月23日 19:07
> 塩味 さんへ

解説有り難うございます
ゲームではきちんとした演出というか仕掛けがあるのですね
説明で納得できました
再現するには難しい内容だったのですね

親父と和解して終わる方が、愛する人の死を乗り越えて前向きになっていく形で、私には好みのシナリオだったのですが
(その分余計に「なんでやねん」という思いが強かったです)
通りすがり
2017年10月24日 03:38
それでもアニメのクラナドアフターは泣いてしまいました。全王さま(の中の人)すごいねw

2017年10月24日 07:58
>通りすがり さんへ

私はながら作業で録画を見るだけだったので・・・
周りに支えられて立ち直っていく過程はとても良かったですね
引っ越して親父も一緒に住む、というところが最高潮でしたね
むしろアニメはそこで終わっとけというくらい

以後のKEYゲームのアニメは見てません
めびうす(仮)
2020年05月01日 18:00
サイバーフロントといえば、最近?(でもありませんが)、MAGES(5pb)からPS3で「クロスチャンネル」が出ましたよね。PSP版やXBOX360版はサイバーフロントから出ていました。まあ、そのMAGESもせっかく独立したのに、コロプラの子会社になってしまいましたが・・・・。

さて、この「てんたま」ですが、わたしはこのDC版とPS2版の1、2しか持っていませんし、知りませんでした。外伝や関連作のことなど全く知りませんでした。

それらがいつ出たのかは知りませんが、PS1とかPS2の頃ってソフトが出すぎていたような気がします。昔のFCやSFCの頃みたいでした。だいたいネットも普及していませんでしたし、専門誌を見てみ御膳t買いを把握することなんて絶対無理、おまけにその頃私は仕事に忙殺されていたのでそんな時間もありませんでしたし・・・・。DC末期の頃やPS2の頃のゲームなんて持っていてもやったことがないっていうものがかなりありますよ。PS4やスイッチが手元にいまならまだそれらをプレイする絶好の機会なのかもしれませんが、今の仕事も忙しすぎます、今年いっぱいは絶対無理・・・・。

でもファイヤーエムブレムシリーズが大好きなので、FE風花雪月+エキスパンションパスは絶対買うと思う。スイッチ(ライト)本体が定価で売っていたら本体共々、即ゲットする予定・・・・。
めびうす(仮)
2020年05月01日 18:03
>訂正
誤)専門誌を見てみ御膳t買いを把握することなんて絶対無理、

正)専門誌を見て全体を把握することなんて絶対無理、
DST
2020年05月03日 21:31
どこの会社も経営が厳しいですね
子会社になってでも続いてくれるところはまだいいのですが

CDになってメディア代が安くなっても声優代で開発費があがるという・・・
PCエンジンのヴァリスシリーズは、最初は2・3人だったのに後に数十人
大ボリュームになって楽しめるようになったんですけどね
「制作側に取っては予算が大変」というのが、キャメロットの高橋さんの言葉でした

この記事へのトラックバック