エンディングを見てみたい ヘビーユニット メガドライブ・スペシャル  (その1)

・・・・別に見てみたいわけでも無いんだけど・・・・
メガドライブに参入した東宝
SFCでは「スーパーアレスタ」を発売したことでも知られていますが・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・ほんとになんでゲーム業界に参入?
メガドライブではこの一本だけだったかな・・・SFCやPCエンジンでは数本出してたと思いますが


ヘビーユニット メガドライブ・スペシャル


なにがスペシャルなんだろう・・・・
キャラクターの大きさがデカイとか、色使いがおかしいとか音楽が変とかくらいしかないのですが


画像


東宝は開発会社ではないので開発は別会社です
PCエンジン版はカネコ直々の移植なので評判は良かったのですが・・・


画像


メガドライブ版の特徴ですが、ぱっと見でキャラがデカイという印象があると思います
PCエンジン版と比べると、明らかに「太い」ですね
これがロボット形態になると・・・


画像


場面が変わって城の上空
ロボット状態になると、PCエンジン版の倍くらいの大きさになります
・・・・なんでこんなにデカイのか


画像


だいたいのキャラクターは、移植してあるのですが・・・・独特のアレンジが変です
迫力と言うより気持ち悪い


画像


1面ボス
なぜヘビが出てくる・・・・
(PCエンジン版ではヘビは出てきません)


画像


アイテムで「T」を取ればロボット形態と戦闘機形態の変形が可能です
ただ、「T」のアイテムは滅多に出てきません


画像


敵が猛スピードで体当たりしてきます
覚えゲーなので、覚えないと進めません


画像


覚えるためにもバリアが必須
調整が間違ってるのか以前にアーケード版から超高難易度でした


画像


画像


ボスのところにくるまでも一苦労ですが・・・
ボスの弱点がわかりにくいというのも問題です
弾が当たったときに、弾かれたような音がしてるときがダメージがはいってます
効果音が逆だぞ!!


画像


なんだかんだでクリア


画像


サラマンダの生体面ようなステージ


画像


ステージの変化が・・・コマ送りのようで変です
触手が伸びるのじゃ無く「パッ」「パッ」とコマ送りのように描き足されていく


画像


画像


何をモチーフにしてるのだろうか・・・・


PCエンジン版の方がアーケード版に忠実です
発売当時もPCエンジン版は「難易度が高いが面白い」と評価されていました
メガドライブ版は「色使いが変」とか「キャラデザのアレンジが独特」など、評価が低かったです
・・・・実際遊んでてあまり面白くありませんでした
せっかく始めたのだからエンディングまで頑張りますけど・・・



ヘビーユニット MD 【メガドライブ】
東宝
1990-12-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト




ヘビーユニット 【PCエンジン】
RIOT
1992-07-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック