PD (Phase-Change Disc)

ふと思い出したメディア


PD (Phase-Change Disc)


パナソニック DVD-RAM/PDディスククリーナー LF-K200DCJ1
パナソニック DVD-RAM/PDディスククリーナー LF-K200DCJ1

さすがに物が存在しない・・・ドライブクリーナーだけ見つかった・・・


松下電器が開発したCD互換規格
イメージで言うと、「5インチサイズのMO」です

ZIPとか新しいメディアがいろいろと登場していた時代の一企画ですね
MOがまだ230MBしかない頃でした
松下はDVD-RAMでもそうですが、カートリッジに入ってるメディアを好んでいたようです

PDのドライブではCDも読み込むことが出来たため、松下製のパソコンには積極的に搭載されていましたが・・・・・・
他社のパソコンには採用されなかったので(いろんな会社が作ってるCDドライブの方が安いので)、最終的にはシェアを取ることができませんでした
・・・そして、後継とも言えるDVD-RAMもシェアを取れず・・・

PDドライブ登場時のCDーR/RWは「バッファアンダーランエラー」がまだまだ多く、安定してデータを保存できる大容量メディアが望まれている時代でした
MOが先行によりある程度のシェアを持っていたものの、「230MBではまだ足りない」という人が多く、次の世代のメディアが群雄割拠していた時代でした

今ではUSBメモリが一般的ですが、CD-R/RWが残っているところを見ると、勝者はCD-R/RWのようですね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

黒のFD
2020年09月22日 22:06
PDはかなり使用してました。まだ、未開封メディアが
結構残ってます。やっぱり貴重なドライブベイやI/Fを
節約出来るのは大きかったですね。
難点はMOと比して書込みが遅い事ですね。
読み込みはまあまあ。
後の方ではPDにCD-R書ける機能も一緒になったIDEの
モデルも出て、ドライブ2台購入するほどのお気に入り。

DST
2020年09月23日 18:23
>黒のFDさん へ

搭載機種も多く出ていたと思うのですが、他社の機種に採用されなかったのが残念でしたね
松下のPCもそれなりのシェアがあったのですが、あと一歩が足りなかったようです