聖魔伝説 3X3EYES

当時大ヒットしていた妖怪物の漫画「3X3EYES」
高田裕三さんの代表作です
(アニメにはなってますが、なぜかOVAのみでTV放送にはなっていません)

聖魔伝説 3X3EYES



当然SFCやPCーEngineでも発売されており、PC-Engineの「3×3EYES ~三只眼變成~」はPC9801版の移植ですが、アニメがふんだんに盛り込まれており話題になりました
アニメ製作会社「南町奉行所」がアニメ部分を担当しており、VHSビデオが同梱されていました
(見たこと無いからどんな内容なのか知らない)

セガサターンでは、同じ日本クリエイト制作で「南町奉行所」がアニメ部分を担当した「3×3EYES ~吸精公主~」が発売されています
(こちらのおまけは、日本クリエイトのスタッフが香港に遊びに行った旅行記・・・・)
PCーEngine版とセガサターン版の内容は、だんぼ~るハウスinブログにて!


画像


ごっつ暗いけどそういうタイトル画面だから勘弁してください


画像


画像


画像


画像


アニメーションはこちらも負けていません
当時発売されていたOVAをトレースして作っています
動画取り込みするとノイズやモアレが酷く、見られた物じゃ無くなるのでこちらの方が綺麗です
(ロードス島戦記のアニメ部分みたいに「こんなんだったらアニメ無い方がいい」になる)


画像


画像


基本は原作通りの話で進んでいきます
正直、よく原作基本でRPGゲーム化できたな、と感心します


画像


タクヒさん羽ばたく
タクヒさんは女神転生にも出てきます


画像


あ・・・ばれた
でかいから
しかし、杖を拾うのはわかる
いじり回すのもわかる
装飾部分を外して空けるのがわからん・・・・
壊すならわかるけど、あんな装飾部分は外れることがわかってなければ外さないだろ


画像


「八雲死す」
生き返るけど


画像


というわけで香港に行くことになり、RPGらしく動かせるようになります


画像


目的の人物だが、主人公達はまだ知らないのでいろいろと歩き回る


画像


裏から回れるらしい


画像


当時は売れていた
・・・しかし、「ぷよぷよ」はセガに移り違うタイプのパズルゲームにもなり・・・・
「ベアナックル」は大場さんチームがもう残ってないので作ることが難しい
(エインシャントに委託すればなんとかなりそうだが)


画像


で、鈴鈴さんと合流して亜栗さんを探しに行くことに・・・・


最初の戦闘にはいるまでがかなり長いです
仕方ないんですが・・・・やっぱりロードが長い
MAP間移動のロードでも「フリーズか?」と思うくらいに長いですし、戦闘に入るたびにロードがあります
戦闘の方は「アニメーション無し」にすれば問題ありませんが、当時は殆どの人がアニメーションを無しにしてたことでしょう
それと・・・・このゲームはかなり長いです
途中挫折したことが2回あります
遊びにくいわけではありません
単純に長いから続けなくなっただけ



聖魔伝説3×3EYES MCD 【メガドライブ】
セガ
1993-07-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 聖魔伝説3×3EYES MCD 【メガドライブ】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"聖魔伝説 3X3EYES" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント