首領蜂

元東亜プランのスタッフによって設立されたCAVE
1作目は東亜プランのスタイルを踏襲する縦スクロールのボンバー式シューティングゲームでした


首領蜂


画像


ゲーム開始で


画像


・・・・おいこら


画像


またタイトル画面


画像


自機選択のあと・・・


画像


・・・・エミュの相性で動かなくなったと思いました


画像


ポーズをかけると表示モードの設定ができます


画像


TVモニタとRGBモニタでは表示範囲に微妙な差違があるので、その微調整です


画像


2周すると最後にラスボスが出てくるのですが、鎧が取れる仕様にはなっていません


画像


ボンバーの威力はさすがです
でも大事にとって置いたままゲームオーバーというのが・・・


画像


難易度設定があるので、一撃で落とせない敵でもそれほど堅くありません
大半はボンバーで要り抜けられる堅さです
上手く使えるかが問題なのですが


画像


難易度も手頃な方なので、続編が作られたのも当然の完成度
ただ・・・家庭用としてはステージ毎のロードがテンポを悪くしています
敵の数も多く、大型の敵が多数出てくることもあり、ロードは仕方ないのかもしれませんが





首領蜂(ドンパチ)
アトラス
1996-04-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 首領蜂(ドンパチ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"首領蜂" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント